Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「頼みづらいんだけどパンツ撮らせて」女子高生のスカートの中撮影した疑いで34歳男逮捕:・・逮捕の容疑が記事にはないが・・
    水瓶座 (10/16)
  • 孫へのぬいぐるみ拾い線路に 列車にはねられ男性死亡:・・孫愛・・
    水瓶座 (10/16)
  • 坂口杏里さん「アホくさ」芸能界復帰への批判に反論:・・短気なチンピラと同じ・・
    水瓶座 (10/16)
  • 剛力彩芽をもてあそぶZOZO前澤社長 オスカー社長が憤激の理由:・・弄ぶ・・
    水瓶座 (10/16)
  • 「アダルトサイトを閲覧しているあなたの姿を撮影した」――仮想通貨求める恐喝スパムが横行 NISCが注意喚起:・・何はともあれ真っ先に塞ぐ・・
    水瓶座 (10/16)
  • 「アダルトサイトを閲覧しているあなたの姿を撮影した」――仮想通貨求める恐喝スパムが横行 NISCが注意喚起:・・何はともあれ真っ先に塞ぐ・・
    ケロねーさん (10/15)
  • 剛力彩芽をもてあそぶZOZO前澤社長 オスカー社長が憤激の理由:・・弄ぶ・・
    ケロねーさん (10/15)
  • 坂口杏里さん「アホくさ」芸能界復帰への批判に反論:・・短気なチンピラと同じ・・
    ケロねーさん (10/15)
  • 孫へのぬいぐるみ拾い線路に 列車にはねられ男性死亡:・・孫愛・・
    黒鬼子 (10/15)
  • 「頼みづらいんだけどパンツ撮らせて」女子高生のスカートの中撮影した疑いで34歳男逮捕:・・逮捕の容疑が記事にはないが・・
    黒鬼子 (10/15)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
藤井聡太七段、2度目の棋戦優勝に王手 出口三段に先勝/将棋・新人王戦決勝三番勝負:・・どうやれば分かっていただけるか・・

JUGEMテーマ:将棋

将棋の天才棋士・藤井聡太七段が10月10日、若手棋戦の1つである新人王戦の決勝三番勝負第1局で、出口若武三段を112手で下し、今年2月の朝日杯将棋オープン戦以来、2度目の棋戦優勝に王手をかけた。(略)対局後、藤井七段は第2局に向けて「新人王戦は3時間の将棋なので、時間の配分に気をつけてできればと思います」と語った。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00010015-abema-soci

 

藤井聡太七段、大盤解説会に登場 歓声に照れ笑い

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00358054-nksports-soci

 

 

 

     例えば序盤の5二玉 

     相手が攻める気満々なのに、

     なぜこの手を選ぶ?

・・・・・・・・・・・・・・・

私は、昨日の将棋新人王戦の中継をずっと観戦していました。面白い、とにかく面白い。何が面白いかというと、藤井七段はプロさえも予想・理解できない指し手をどんどん指してくる。こりゃなんだ?と思う着手が1局に5-6カ所はあります。そして、最初は理解不能であっても、次第に「あー、なるほど。そういうことか」と驚嘆になります。この面白さを、将棋を知らない方々に説明するのはとても難しい。残念だなあ。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 13:58 | comments(2) | - |-
藤井聡太七段が初代「最速最強」に!佐々木勇気六段とフルセットの熱戦制す/AbemaTVトーナメント決勝:・・神が与えた試練・・

JUGEMテーマ:将棋

 持ち時間5分、1手につき5秒が加算される超早指し戦「AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治」の決勝(三番勝負)が9月9日に放送され、最年少棋士・藤井聡太七段(16)が佐々木勇気六段(24)にフルセットの末、2勝1敗で勝利し、初代「最速最強」の座についた。従来の早指し戦よりもはるかに短い時間の中で、棋力・集中力・直感などを求められたが、極限状態の中で天才棋士が新たな輝きを見せた。(略)

https://abematimes.com/posts/4857214

 

将棋・藤井聡太七段に思わぬ“壁” 今年度22局で先手は6局のみ

https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/04/shogi-abema-fujii_a_23516029/

 

 

 

 

 すごいね これでまだ高校一年生 16歳

・・・・・・・・・・・・・・・

昨日日曜日。私は終日孫の世話をしながらも、

午後8時の番組開始が気になってそわそわ。

超早指し棋戦で藤井七段が優勝できるか気になって仕方ない。

 

藤井は、予選の2戦と決勝トーナメントの一回戦は安定の2連勝。

しかし準決勝の高見叡王との対決では、最初に負け、

しかしその後貫禄の二連勝で決勝へ進出。

 

かたやもう一つの山では、新鋭の佐々木勇気六段が

羽生竜王に圧巻の2連勝で決勝進出。

 

藤井と佐々木。奇しくも藤井の30連勝を止めた佐々木と因縁の対決。

将棋の神様はうまい演出するものです。

 

そしてもう一つ。互いに一勝一敗で迎えた、大詰め最終局の大一番。

振り駒は藤井後手に。

今シーズンは振り駒で、藤井は先手6局、後手16局。

そりゃ偏り過ぎるだろって感じです。

神様が藤井に、「お前は先手だと勝ちすぎる(通算勝率9割 0.909 40勝4敗)。

お前には後手の試練を授けよう(通算勝率8割 0.803 49勝12敗)」と試練を与えています。

それでも最後の最後は相手を圧勝。

そして神も圧倒。すごすぎですよ。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 10:18 | comments(0) | - |-
佐々木勇気六段 羽生善治竜王を下し決勝進出 決勝の相手は藤井聡太七段:・・プロでも震えるフィッシャールール・・

JUGEMテーマ:将棋

インターネットテレビ局「AbemaTV」で2日に放送された将棋(略)第1回AbemaTVトーナメント(略)準決勝3番勝負で、佐々木勇気六段(24)が羽生善治竜王(47)をストレートの2連勝で下し、決勝に進出した。決勝では現役最年少の高校生棋士、藤井聡太七段(16)と対戦する。(略)佐々木は昨年7月、藤井のデビューからの公式戦連勝を29で止め、初黒星を付けた因縁がある。藤井にとっては非公式戦ながらも、1年越しの雪辱なるかに大きな注目が集まりそうだ。この棋戦は持ち時間各5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算されるという、チェスで用いられる「フィッシャールール」。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180902-00000155-spnannex-ent

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

このAbemaTV将棋は本当に面白い。

一局が約20分。持ち時間がなくなると、

プロの将棋指しでも差す手が震え、駒がマス目にきちんと入らない。

 

決勝トーナメント1回戦で羽生竜王は

新鋭の佐々木大地四段に圧倒的な強さを見せつけて勝利。

 

しかし準決勝の佐々木勇気六段はヤワではありませんでした。

1局目を大熱戦の末に勝ち切った佐々木勇気は、2局目で羽生を圧倒。

余りの大差に羽生が途中で望み無しと投了しました。

強いですね。

 

将棋の強さの要素に「瞬間的にどれほど考えられるか」

「考えなくとも感覚で最善手を指せるか」があります。

 

持ち時間が数時間の通常の対局とは全く異なるこのAbemaTV将棋。

決勝は因縁の対決、佐々木六段vs藤井七段。

こりゃ9日午後8時が待ち遠しい。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 12:37 | comments(2) | - |-
藤井七段、今年度のタイトル獲得消滅 棋王戦本戦、菅井王位に敗れる:・・この負けは効く・・

JUGEMテーマ:将棋

将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が(略)棋王戦本戦(略)で菅井竜也王位(26)に133手で敗れた。(略)約1年1カ月ぶりの再戦で、菅井が「自分の力を発揮できたと思う」と胸を張ったのに対し、「総合的にみて力不足だった」とうなだれた。(略)若き実力者の菅井に雪辱を期して立ち向かったが、返り討ちにあってこれで2戦2敗。対局した相手で唯一勝てない相手に、内容的にも再び歯が立たなかった。(略)作戦負けだけでなく“格”の違いを見せつけられたとも言える。(略)「敗れてしまったことは残念ですが、そのことは気にしていない」とさばさば。ただ、タイトルを獲得するには力不足だと改めてこの一戦で痛感させられたよう。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180903-00000148-spnannex-ent

 

 

 

     藤井くん 君はまだまだだな

 

 

 

   藤井 ここでしっかり教わっておくんだ

・・・・・・・・・・・・・・

いやー、この対局は面白かった。レーティング3位の藤井七段(1846)と5位(1818)の菅井王位の対戦です。

藤井が新鋭のタイトルホールダーに真剣勝負を望む。

 

開始早々、藤井が戦いを挑み、次第に優位を広げていく。

解説陣も「藤井指し易し」で一致。

しかし菅井は背を伸ばし涼しい顔で「君、何をどうしたいわけ?」てな感じ。

 

藤井が飛車桂馬と銀2枚の交換(駒得)で飛車を相手陣に成り込み、

勝利間近を思わせる局面から、

菅井は自然な指し手で徐々に盛り返していく。

最後は菅井の王様は絶対安全、

かつ藤井玉は助かりようがない状態となり、

藤井が無念の投了。

 

藤井は、彼我の実力差をまざまざと痛感したはず。

今の自分では到底敵わない相手がまだ何人かいる。

おそらくは豊島・永瀬・菅井・斎藤らの名が挙がるはず。

藤井は一つの敗戦を糧に成長するのが得意。

これから彼は必死で将棋に打ち込むはずです。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 12:24 | comments(2) | - |-
藤井七段が青野九段破る C級1組で4連勝:・・圧勝も一つの勝ち方・・

JUGEMテーマ:将棋

将棋の現役最年少棋士の藤井聡太七段(16)が28日(略)順位戦C級1組4回戦で、青野照市九段(65)に112手で勝ち、4連勝となった。(略)青野九段は桐山清澄九段(70)に次ぐ現役で2番目の年長棋士で、最高位のA級には11期在籍した。(略)

https://mainichi.jp/articles/

20180829/k00/00m/040/122000c

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

藤井七段。C1組三連勝で迎えた対局は対青野照市九段。

居飛車本格派・数々の定跡を作り上げてきた超ベテランです。

相居飛車の凄まじい斬り合いを予想しました。

ところが定刻になっても青野は現れず。

結局、6分の遅刻=18分のペナルティで対局開始。

 

久々に青野九段を見ましたが、さすがに老け込みましたね。

元気がありません。

まあ16歳の前に座れば誰もが老けているわけですが、

青野はもう縮こまった感じ。

立ち振る舞いにも「よいしょ、どっこらしょ」の声が

聞こえてきそうな緩慢さが見られます。

 

そして対局。

序盤早々に青野は作戦が反故になり、藤井に圧倒される展開。

最後は押しつぶされ、ぐうの音も出ない負け方でした。

 

ここで目立つのは、優勢になった藤井には、

もっとスパッと切って捨てる手順が幾つもあったこと。

それを藤井は全て見送り、守備の銀を敢えて前線に送り込み、

青野の手段を全て封じ込みました。

 

最近の藤井将棋には変化が見られます。

以前のように直ぐに切り込み難しい手順で詰ましあげる他に、

じっくりじわじわと相手を抑えつけて手も足も出ない状態にし、

相手が「どうかもう楽にしてくれ」と首を差し出したときに

介錯する手法です。

相手が自分を研究しているのが分かっていますから、

自分から変化・進歩しているんですね。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 08:51 | comments(0) | - |-
「偏見を変えるのも我々の役割」お茶の水女子大「心は女性」の戸籍上男性受け入れ、学長が語る真意:・・敢えて騒動を引き起こす大学の真意・・

JUGEMテーマ:社会の出来事

お茶の水女子大(東京都文京区)が、戸籍の上では男性でも自らの性別を女性と認識する「トランスジェンダー」の学生を2020年度から受け入れると決めたことは、大きな反響を呼んだ。発表から1カ月強が経ち(略)室伏きみ子学長にインタビューを実施。その真意やトランスジェンダーに対する社会の理解度などについて聞いた。

●トランスジェンダーも「女子」という枠組みに(略)

●2020年4月入学から受け入れ開始(略)

●日本社会、まだまだバイアスある(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180826-00008416-bengocom-soci

 

お茶の水女子大 トランスジェンダーの受け入れについて

http://www.ao.ocha.ac.jp/menu/

001/040/d006117.html

 

 

 

 お茶の水「女子+性的同一障害者」大学に改称か?

・・・・・・・・・・・・・・・

世間がとやかく言うよりも、結果を見る方が簡単でしょう。受験者の大幅減少。受験時、入学式の様子。普通の女子学生と例の学生の本音、あるいはその両親の本音。トイレや更衣室などの施設の問題。何やかやで、大学の運営や大学生活がひどく乱れるでしょうね。そこにつけ込むメディアの面白可笑しい話題作り。2020年2月の受験時からの騒動が待ちきれません。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 13:01 | comments(2) | - |-
里見女流四冠の快調な指し手に対し長考続く藤井七段 ヒューリック杯棋聖戦予選:・・泣きっ面に蜂、傷に塩・・

JUGEMテーマ:将棋

大阪市福島区の関西将棋会館で24日午前10時に始まった、将棋の注目の一戦「第90期ヒューリック杯棋聖戦」(産経新聞社主催)の1次予選2回戦、藤井聡太七段(16)−里見女流四冠(26)戦は、先手の里見女流四冠の得意の中飛車に対し、藤井七段が長考を重ねている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180824-00000531-san-cul

 

 

 

 

 

  辛さの上乗せ 終局後インタビュー 敗者の弁

・・・・・・・・・・・・・・・

激しい変化を次々とすり抜け、細いギリギリの攻めを通し、結局は最後は大差。藤井将棋の醍醐味を堪能しました。さて、ここで見るべきは里見女流。くやしさでふてくされ顔なので、触れて欲しくない所ですが、メディアはそれを許しません。藤井と対局すれば必ず行われる終局直後のインタビュー。聞きたくもない勝者の言葉を聞かざるを得ず、しかも自分は敗者の弁を述べなければなりません。負けた上に負けのコメント。ちょっと女性には辛すぎですよね(笑)。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 12:36 | comments(2) | - |-
きょう藤井七段VS里見四冠 棋聖戦1次予選、午前10時から対局:・・ひっつめかよ・・

JUGEMテーマ:将棋

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と女流の第一人者、里見香奈女流四冠(26)が対戦する産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第90期ヒューリック杯棋聖戦」1次予選が24日午前10時から、大阪市福島区の関西将棋会館で行われる。両者は2年前にプロ棋士養成機関「奨励会」の三段リーグで対戦したことがあるが、公式戦では初めて。将棋界初の29連勝など数々の記録を打ち立てた高校生棋士と、女流棋士で初の五冠を達成した実績を持つ女流トップ棋士との「黄金カード」。注目の一戦となる。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180824-00000507-san-life

 

 

 

  

 

・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、先ほど午前10時から対局が始まりました。持ち時間が各1時間ですので、昼過ぎには終わる早指し戦です。ところでこの里見香奈女流四冠(26)。私が注目したのは、今日のファッションです。日本中が注目する対藤井七段戦。26歳の妙齢でもあり、女性らしいファッションかと思いきや、グレーの上下スーツに白のブラウス。そして髪は後にひっつめ。ちょっとガッカリですね。平常心で、との意識かも知れませんが、どんな場合でも、女性は女性らしく、が私の個人的価値観。まあそれはそうと、指し手はあっという間に進んでいます。目が離せない一局となるでしょう。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 10:07 | comments(0) | - |-
免許証の有効期限、表記を西暦に…着帽一部容認:・・別に皇室を否定する訳ではなく・・

JUGEMテーマ:社会の出来事

警察庁は2日、運転免許証の有効期限の表記を西暦に変更する内容の道交法施行規則改正案を発表した。(略)改正案は8月6日から9月4日まで意見を公募した上で正式決定する。現在の運転免許証の有効期限は「平成」と元号で表示されているが、外国人の免許保有者が増えていることなどを受け、西暦に変更する。生年月日や交付日の表記は従来通り、元号のまま。来年3月以降、システム改修を終えた都道府県から順次、新しい免許証に切り替えていく方針という。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180802-00050098-yom-soci

 

 

 

      これはこれで残すべきだが

・・・・・・・・・・・・・・・

まあ当然の流れですし、私は歓迎します。外国人云々ではなく、元号は実用性に欠けます。これからの社会は、第一に西暦、元号はそれに添える形として残すべきです。

 

posted by: 水瓶座 | 文化 | 10:44 | comments(2) | - |-
藤井聡太七段 節目の公式戦通算100局目で快勝:・・難し過ぎる勝利・・

JUGEMテーマ:将棋

将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が31日、東京都渋谷区の将棋会館で順位戦C級1組の3回戦に臨み、西尾明六段(38)に75手で勝利を収めた。2016年12月のデビュー戦から、最年少の16歳0カ月で迎えた節目の公式戦通算100局目を快勝で飾った。戦型は激しい変化が多い横歩取り。長考の応酬となり超スローペースで進み、午後11時を過ぎてから最後は藤井が華麗な寄せを決めた。これで藤井の通算成績は85勝15敗、勝率・850。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180731-00000159-spnannex-ent

 

 

 

     西尾六段 疲れ切っての投了

・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の将棋もずっと気になって見ていたのですが、すごく疲れました。最後は、相手の攻撃を呼び込み、その変化手順を全て読み切り、最後は相手玉をあっという間の即詰みに。んー、難し過ぎです。藤井七段は安易な妥協は一切排除する手順を選びますので、アマチュアには理解不能、楽しめません。ハラハラドキドキではなく、これは一体何なの?の展開。ま、勝てばそれで十分ですが。

posted by: 水瓶座 | 文化 | 11:25 | comments(2) | - |-