Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • トランプ氏、夕方到着 天皇会見「楽しみに」:・・Greatest honor in my life・・
    水瓶座 (05/27)
  • 対馬に増える「韓国人お断り」の張り紙…その理由は?:・・嫌な思いをするだけ・・
    水瓶座 (05/27)
  • 剛力彩芽、2か月半ぶりイベントで前澤社長との交際質問に笑顔:・・自分が分からない・・
    水瓶座 (05/27)
  • ランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も:・・まずはルールから・・
    黒鬼子 (05/27)
  • メイ氏、涙で震え白旗 「2人目の女性の首相という…」:・・国民に責任あり・・
    水瓶座 (05/27)
  • 【巨人】中島 頭部死球で怒り 両軍入り乱れる乱闘騒ぎに:・・レベル低っ・・
    水瓶座 (05/27)
  • トランプ氏、安倍首相に韓国への困惑伝える 「北と全く話進まなくなった」:・・非K三原則・・
    黒鬼子 (05/27)
  • 【巨人】中島 頭部死球で怒り 両軍入り乱れる乱闘騒ぎに:・・レベル低っ・・
    黒鬼子 (05/26)
  • メイ氏、涙で震え白旗 「2人目の女性の首相という…」:・・国民に責任あり・・
    黒鬼子 (05/26)
  • 剛力彩芽、2か月半ぶりイベントで前澤社長との交際質問に笑顔:・・自分が分からない・・
    黒鬼子 (05/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
10連休Uターンラッシュ 「もうくたくた」 新幹線は満席 高速は渋滞:・・まあまあ楽しめた・・

JUGEMテーマ:社会の出来事

「もうくたくた」。Uターンラッシュがピークを迎えた5日、JR東京駅は旅行や帰省先で過ごした人たちでごった返した。各新幹線では5日午後は上りを中心に指定席がほぼ満席。東海道新幹線の博多発東京行き「のぞみ」自由席の乗車率が一時120%に達した。上越新幹線も午後5時に東京に到着予定の新潟発「とき」自由席の乗車率が120%となった。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190505-00000049-mai-soci

 

 

 

    祖母山の麓 大野川流域広域農道

・・・・・・・・・・・・・・・

長い連休もやっと終わり、私も通常業務に戻りました。10連休はやっぱり長過ぎです。でも前半は娘一家の帰省と雨模様で外出できず。楽しめたのは後半の4日間だけでした。妻とドライブでわいた温泉郷へドライブ、一人バイクで熊本県と大分県の県境の祖母山付近へツーリング、妻をバイクの後ろに乗せて高速をプチツーリングして買い物。それくらいでしょうか。あまり出費が嵩まない遊び方です。あ、そういえば今年は、夏休みに外国に行きます。無事帰ってこられるか、妙な感染症に罹らないか、チト不安ですが(笑)。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 11:56 | comments(4) | - |-
福岡県みやま市 清水山・清水寺訪問

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

全国に清水(きよみず)と名付けられた地名はたくさんあります。

 

今回私は2018年11月に福岡県筑後地方のみやま市を訪れ

 

 

 

清水山・清水寺を観てきました。

 

 

紅葉の終わり頃の時期でしたが

 

 

冷たく澄んだ空気の中のプチ登山が心地よかったです。

 

 

 

清水寺本山に参拝すると

 

 

その近くに乳父観音がありました。

 

 

母乳がたくさん出ますようにとの祈願で

 

 

多くの手作り母乳が掲げられていました。

 

 

ずいぶん古い観音様のようで

 

 

絵馬が描かれた木枠に歴史を感じます。

 

 

そこから少し登ると休憩所。

 

 

名産の雉車をつくるただ一人のおじさんが

 

 

せっせと気を削っていました。

 

 

竹の枠にはいった温かいうどんで

冷えた体を温めました。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:37 | comments(0) | - |-
由布岳・佐賀関巡り

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

昨年4月に車で妻と日帰りドライブ。

 

 

大分県の由布岳経由で、

 

 

佐賀関をおとずれ、

名物の関サバ・関アジを食べてきました。

 

 

これは湯布院から由布岳に登る際

(県道11号 やまなみハイウェイ)の

狭霧台(さむだい)展望台からの眺めです。

 

 

湯布院の壮大な姿。

 

 

 

そして湯布院の町が典型的な盆地形とわかります。

 

 

そして別府ロープウェイ乗り場。

 

 

 

ここから鶴見岳への登山ルートがあります。

 

 

そこから国道10号などを経て佐賀関の半島へ。

 

 

美しく穏やかな海が広がっています。

 

 

名物の関サバ・関アジを頂きましょう。

 

 

値段にすればこんなものでしょうか。

 

 

しかし食してみれば、

 

 

スーパーの刺身とは全く異なります。

 

 

コシが強いというより、

 

 

むしろ「身が引き締まりすぎて硬い」感じです。

 

 

口の中で噛んでもすぐには噛みきれません。

まあそれだけ楽しめるってわけです。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:19 | comments(2) | - |-
大分県 耶馬溪めぐり

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

 

2018年9月に 

 

 

大分県の耶馬溪付近を走りました。

 

 

 

中津市郊外はのんびりとした感じです。

 

 

これは小説でも有名な「青の洞門」。

 

さらに南下し、

 

 

耶馬溪ダムに至ります。

 

 

とても良く整備されたダムで景観もバッチリ。

 

 

水質保存のために噴水で、

 

 

水に新鮮な空気を与えています。

 

 

 

さらに南下し、一目八景の手前で東へ。

 

 

岳切(たっきり)渓谷です。

 

 

森林浴バッチリの小径が整備され、

 

 

小さな子連れ客も多かったです。

 

 

 

向こうに見えるは大分自動車道 九州を東西に横断

 

 

最後に九重町の龍門の滝。

 

 

この滝は本当に素晴らしい。

 

 

スライダー遊びができる滝の斜面と綺麗な滝壺。

 

 

子供達にとっては絶好の遊び場です。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:05 | comments(0) | - |-
山口県周南市 ダム巡り

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

皆様、ご機嫌如何でしょうか。

 

今日は1月11日金曜日。

私は日帰りで遠方の大学へ講義に参ります。

そして12-14日と引き続き三連休。

 

特ア情勢は日々変化しており目が離せないところです。

しかし私はこの間PCにゆっくり向かい合う余裕がありません。

 

そこでこの4日間は、

私のオートバイツーリングの際の写真を掲載します。

通常投稿は、15日火曜日から再開となります。

 

もしかしたら、

面白い時事ネタは鋭意投稿するかも、です。

 

よろしくお願いいたします。水瓶座

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2018年11月

 

 

山口県周南市を中心にいくつかのダムを巡り、

 

 

景色と紅葉を楽しんできました。

 

 

まずは末武川ダムの米泉湖。

 

 

地図上では余り目立たないダム湖ですが、

 

 

景色も整備も素晴らしかったです。

 

そして主目的地の菅野ダム・菅野湖。

 

 

広大なダム湖で、

 

 

周囲を走っていてとても良い気分でした。

 

 

 

そして島地川ダムの高瀬湖。

 

 

湖畔を半周しましたが、

 

 

落ち葉だらけの峡路もあって疲れ果てました。

 

 

でも景色は抜群でした。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 08:34 | comments(2) | - |-
JR日田彦山線沿いの被災状況報告

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

1年半前の豪雨で被災し、駅も線路も流され

路線の南半が廃線の憂き目に遭っている日田彦山線。

 

 

田川郡添田町から日田市まで線路沿いに下ってみました。

 

 

これは添田駅。

小倉駅からこの駅まで営業していますが

 

 

ここから以南は不通のままです。

 

 

これは彦山駅。

 

 

英彦山への登山客はここを利用するのですが

 

 

いまではがらんとした廃駅です。

 

さて、いよいよ

何もかもが破壊し尽くされた筑前岩屋駅。

 

 

豪雨の雨水が川を氾濫して駅(とその一帯)を襲いました。

 

 

いまだに避難生活を余儀なくされている方々もいます。

 

 

駅は、風情のある駅舎だけ残り

 

 

 

山側の線路はあとかたもない。

 

 

後片付けの工事中ですが

 

 

 

 

 

ここにまた列車が通る可能性があるのでしょうか。

 

 

次はこの駅の一つ南側、大行事駅です。

 

 

ここは高台にあり比較的保たれていますが

 

 

駅舎が土砂崩れで跡形もなく破壊されました。

 

 

その次は宝珠山駅。

 

 

ここは県境の駅として親しまれており

 

 

ホームの北側が朝倉郡東峰村、南側が日田市です。

 

 

ところが北側の線路は跡形もありません。

 

 

これは終点の日田駅。この時は改修中でした。

 

今現在、地元民・路線利用者と

福岡県・大分県・JR九州の間で

数十億円を掛けて赤字路線を復旧するか

廃線とするかのせめぎ合いとなっています。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:00 | comments(2) | - |-
島原半島 雲仙岳(普賢岳・平成新山)見学

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

バイクで熊本県荒尾市の長洲港から

 

 

島原半島の多比良港へフェリーで渡り

島原半島を一周してきました。

 

 

これは熊本の長洲港。

 

 

 

これは多比良港です。

 

 

さていきなりですがこれが雲仙岳の平成新山。

 

 

1990年ー1996年の普賢岳の噴火でその山頂が変化し

新しくできた山です。

 

 

その溶岩で盛り上がった分だけ高くなり

1359mが1488mとなりました。

 

詳しくはネットをご覧下さい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/雲仙岳 

 

やはり自然の威力はすごいものです。

 

さてその後、島の南側を海岸沿いに走った後

 

 

雲仙地獄を訪れ

 

 

 

さらに島の東側の「眉山ロード」へ。

 

 

ここで溶岩流が流れ落ちた痕が一望できます。

 

 

 

思わず息を呑んでしまいました。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:00 | comments(0) | - |-
佐賀県 天山登山

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

福岡県と佐賀県の県境近く

 

 

佐賀県小城市の天山(1046m)に行ってきました。

登山と行っても、9合目までは車で楽々行けます。

 

 

これは途中に立ち寄った厳木(きゅうらぎ)ダム。

 

 

綺麗なダムで、私の好きなダムの一つです。

 

 

 

さて登山口まで車で行きました。

 

 

仮設トイレはありましたが、故障中。

妻がブツブツ文句言っていました。

女性のトイレ問題は大切で重大です。

 

 

何はともあれ、登山口に入りましょう。

 

 

全く舗装されていない、

 

 

途中からは岩がゴロゴロ転がっている道を、

 

 

杖をつきながら登ります。

 

 

竹の杖が入り口に置いてあります。

 

 

小学校低学年でも登れるとはいえ、

 

 

息が切れる登山です。

 

 

文句を言いながら登っていた妻も、

 

 

息が切れて言葉が出なくなりました。

 

 

良い傾向です(笑)。山は静かに登りたい。

 

 

愚痴を聞きながら登山しても楽しくありません。

左下には天山ダムが見えます。

 

 

さて、30分ほどでどうにか山頂に到着。

 

 

いやー、すごく良い天気です。

 

 

360度下界を見渡せます。

 

 

北側は糸島・唐津から玄界灘方面。

 

 

そして南側は、逆光で見えにくいのですが

 

 

佐賀平野・多良岳・有明海、そして雲仙岳も見えます。

 

 

家族連れも多く、シートを広げてお弁当。

子供達の良い思い出になりますね。

 

下山した後は、三瀬峠へ。

三瀬は心霊スポットとして有名ですが

もう一つの名物が三瀬鶏。

 

 

鶏肉入りのそば、三瀬そばです。

 

 

味は・・、まあまあですね(笑)。

 

では皆様方、よいお年をお迎えください。水瓶座

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:36 | comments(0) | - |-
世界文化遺産:明治日本の産業革命遺産  三井三池炭鉱関連 万田坑見学

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

熊本県荒尾市の万田坑を訪れました。

 

 

私はここを計3回訪れましたが、施設の保存が良好なのと

 

 

実際に万田坑で働いていた方々がガイド説明されるので

 

 

来る度に満足しています。

 

 

入場料 大人一人410円 ガイド付きとしては安い

 

 

ガイドさんに連れられて入り口を入ります。

チケットを渡しましょう。

 

 

手前のレンガ建てが動力室。

 

 

奥のやぐらの下に炭鉱へ竪坑がありました。

 

 

万田坑は平成6年まで操業していました。

 

 

ガイドさんの実体験を交えた説明はとても分かり易い。

 

 

建物は古いまま保存されています。

 

 

今どきの若い人達には珍しいでしょうね。

 

 

事務室、医務室、浴場などがあります。

 

 

まずは炭鉱の縦穴へ。

 

 

当時、このリフトの中に20名がひしめき合って

 

 

200m以上の地下へ真っ直ぐに降りていきました。

リフトは二台あり、一台が上がるともう一台が降りる仕組み。

リフトにはもちろん石炭を積んだトロッコも運ばれます。

 

 

ここがその縦穴がある空間。

 

 

リフトが二台揃って

上のやぐらからワイヤーでつり下げられていました。

 

 

縦穴はもちろん塞がれています。

石炭は地下深くにまだ2/3は残っているとか。

 

 

次は動力室。

 

 

太いワイヤーがここから後の櫓の滑車を通って

 

 

竪坑に延びていました。

様々な機械を用いて操作されていたのです。

詳細はHPをご参照下さい。

 

まるごと荒尾 万田坑:

http://arao-kankou.jp/sightseeing/history/mandacoalmine.html

 

荒尾市HP 万田坑:

https://www.city.arao.lg.jp/q/list/385.html

 

このあとは、大牟田から沿岸道路を上って柳川市へ。

 

 

旧立花藩藩主のお屋敷、通称「御花」を訪れ、

 

 

 

名物のウナギのせいろ蒸し3800円を頂きました。

うなぎはやはりせいろ蒸しでなきゃ。

 

 

 

最後にこれは、柳川名物川下りの終着駅。

御花の施設に直結しています。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:07 | comments(0) | - |-
世界文化遺産  官営八幡製鐵所関連施設 訪問

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

北九州市八幡東区にあります八幡製鉄所の世界遺産を訪れてみました。

 

 

地図ではここ

 

 

市のHPから拝借です

 

 

施設はスペースワールド駅の裏側にあります。

 

 

スペースワールドは既に閉園。

シンボルのスペースシャトルも撤去済みです

 

 

駅前の様子 

スペースワールド駅の名称はどうなるのでしょうか。

 

 

駅裏の都市高の更に北側に向かいます。

 

 

 

ちょっと怖い感じの地下道を抜けて

 

 

これが入り口なの?と驚くほど地味。

 

 

無料で入れます。

 

 

中ではガイド役の係員が数名いて説明してくれます。

 

 

前の線路は今でも使われているとか。

 

 

関連施設は遠くにあって近づく事もできません。

 

 

ちょっとガッカリ。

説明はとても興味深いのですが・・

せっかくの世界遺産なのに地味ですね。

人を呼び込むほどの整備はなされていません。

 

 

次はそこから徒歩10分、

 

 

東田第一高炉の見学です。

 

 

鉄鉱石を溶かして鉄を抽出する溶鉱炉です。

 

 

もちろん綺麗に整備しなおされて、

 

 

外見はとても新しい。

 

 

この施設の中にどんどん入っていきます。

もちろん無料。ここにはガイド職員はいません。

 

 

右下の人物が私の妻(苦笑)。

 

 

溶けた鉄を流す経路に人形が置かれています。

 

 

溶けた鉄が流れる前で

 

 

こんな格好で仕事していたのですね。

 

 

施設の裏側です。

 

 

 

詳細は明治産業関連世界遺産のHPをご参照下さい。

http://www.gururich-kitaq.com/search/category/detail.php?id=78

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:39 | comments(3) | - |-