Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 神社のさい銭盗もうとするも… 窃盗未遂容疑で男逮捕 福岡東署:・・謎は謎を呼び・・
    黒鬼子 (06/24)
  • 防衛大、過半数が下級生いびり 「粗相」数え、体毛に火:・・下劣な幹部候補生が育つ場所・・
    黒鬼子 (06/24)
  • 次の子ども、年収800万円以上の夫婦でも68%が「金銭面で難しい」 東大・ベネッセ調査〈週刊朝日〉:・・公立高校・国公立大学が必須・・
    黒鬼子 (06/23)
  • 「カイロ大首席卒業」のウソ 小池百合子の苦しすぎる言い訳:・・嘘は方便か、大罪か・・
    黒鬼子 (06/23)
  • 次の子ども、年収800万円以上の夫婦でも68%が「金銭面で難しい」 東大・ベネッセ調査〈週刊朝日〉:・・公立高校・国公立大学が必須・・
    ケロねーさん (06/23)
  • 「カイロ大首席卒業」のウソ 小池百合子の苦しすぎる言い訳:・・嘘は方便か、大罪か・・
    ケロねーさん (06/23)
  • 次の子ども、年収800万円以上の夫婦でも68%が「金銭面で難しい」 東大・ベネッセ調査〈週刊朝日〉:・・公立高校・国公立大学が必須・・
    黒鬼子 (06/23)
  • 複数の猫の死骸見つかる:・・Bad feeling about this・・
    黒鬼子 (06/23)
  • 「カイロ大首席卒業」のウソ 小池百合子の苦しすぎる言い訳:・・嘘は方便か、大罪か・・
    黒鬼子 (06/23)
  • <中国>北朝鮮への独自支援示唆 金正恩氏が訪中終え帰国:・・Cの指示待ち・・
    水瓶座 (06/23)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
中国人も韓国人も「日本の桜」が気になって仕方がない理由:・・暗算?・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

春です。今年も桜の季節がやってきました。(略)近年、中国人の間で日本の桜が大人気になっていることをご存知でしょうか。近年は、「桜を見る」ことを日本観光の大きな目的にしている中国人も増えています。春節が終わる3月上旬になると、中国メディアでは必ず日本の桜の話題が報じられるほどです。最近の中国人は(略)ほとんど挨拶代わりに桜の話題を投げかけてきます。(以下長文略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=

20180401-00055054-gendaibiz-int

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、妻を後ろに乗っけてバイクで太宰府参拝してきました。桜が満開か!と思いましたが、太宰府のほとんどの木々は「梅」。もちろん桜も咲いてはいましたが。ところで参拝の理由はもちろん、暗算、じゃなくて安産祈願。娘ももう妊娠7ヵ月だそうです。太宰府も久しぶりですが、観光客の5-6割はK国人。どこもここもK国人。まるでK国にいるのかと勘違いするほどでした。なにしろ福岡空港と太宰府は目と鼻の先。太宰府天満宮がそれで儲かるならばやむを得ません。金を落としたらさっさと帰って欲しい。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 12:11 | comments(2) | - |-
阿蘇山で孤立型微動が多発:・・阿蘇は最高!・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

気象庁は21日、熊本県の阿蘇山で、火口直下のごく浅い場所で発生する「孤立型微動」が多く発生しているとして、注意を呼び掛けた。噴火警戒レベルは1の活火山であることに留意を維持する。

https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/402741/

・・・・・・・・・・・・・・・

先日、3月17日に阿蘇へソロツーリングしてきました。

雲一つ無い快晴。一生に一度あるかないかの絶景ツーリングでした。

その際の写真の一部をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 10:28 | comments(2) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その19:・・途上国訪問の視点・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

昼食はバイキング形式。

 

 

味付けは日本人に馴染みの味です。

 

 

西欧の好みとは違います。

 

 

たらふく食べる必要はないのですが

 

 

結局は皿に取りすぎてしまいます。

 

 

貧乏人の悲哀です。

 

 

最終日の午後は忙しい。

 

 

色々準備されています。

 

 

次は大きなビル地下のショッピングモールで

お土産のお買い物。

私はエネルギー切れで長いすで休んでいました。

女性陣は目の色を変えて山ほど購入。

女性ってお買い物が好きなものです。

 

 

次はなぜか日本人が経営するコーヒーショップ。

 

 

ベトナムコーヒーって濃いですが

 

 

苦みが少なくとても飲みやすい。

ファンになってしまいました。

ベトナムではコーヒーと蓮の実を学びました。

 

 

次はフットマッサージ。

 

 

薄暗い部屋に皆が並んで座り

 

 

足を洗ったり拭くでもなく

 

 

いきなり直接ローションを塗ってマッサージします。

中には足が汚れていたり

水虫の人もいるでしょうが

余り気にならないのでしょうか。

確かに足が楽になりました。

 

 

そして最後の晩餐です。

 

 

お洒落なお店でのコース料理。

 

 

これでもか!って感じです。

 

 

 

 

グルメな日本人を満足させるってことでしょう。

 

 

 

 

もりだくさんです。

 

 

さあ、あたりが暗くなりました。

皆さんここで三々五々の解散です。

 

 

我々は夜中の便で帰福です。

 

 

7時間のフライトで翌朝福岡空港に無事到着。

 

 

初めてのベトナム旅行は合格です。

途上国観光の視点を学びました。

 

普通はまた今年の夏休みはどこに行こうかと相談するのですが、

今夏は娘の里帰り出産が控えています。

どうしましょうか。

 

何はともあれ、これでハノイはおしまい。

めでたしめでたし。

 

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 13:59 | comments(2) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その18:・・そろそろまとめに・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

さ、最大の見せ場、

市内交通事情を経験したところで

まとめに入りましょう。

 

 

自由時間で市内をブラブラ。

 

 

みやげ物屋で少し買いました。

 

 

 

 

ベトナム色豊かな面白い人形です。

 

 

 

西湖(ホータイ湖)です。

 

 

福岡の大濠公園に似ています。

 

 

珍しく自動販売機がありました。

 

 

その後バスで、

ベトナム開国の記念館か何かに行きました。

 

 

 

これは有料トイレ。

でもすんなりタダで用を足せました。

 

 

 

ここは一応観光地の様です。

 

 

次に何かの有名な寺院に行きました。

 

 

 

 

カメが名物だとか。

 

 

 

大勢の方々がお参りに来ていました。

 

 

 

このカメの頭、

亀頭をなでると幸せが訪れるとか。

 

 

んー、

どこの国にもその手の趣向があるのですね。

 

 

 

さあ、昼食です。

 

 

バイキングレストランに入りましょう。

次回、大団円です。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 17:19 | comments(2) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その17:・・今回の目玉観光・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

さて、Day3。最終日です。

 

 

ホテルの朝食はバイキング

 

 

穏やかな日本人好みのメニューです。

 

 

 

さて出掛けましょう。

 

 

 

今日は市内観光。

 

 

 

まずはなによりシクロです。左がガイドさん。

 

 

(以下、写真と動画の切り抜き画像です)

 

 

一人一台ずつ自転車に引かれのんびり市内を回ります。

 

 

といっても大通りではありません。

 

 

人混みが多く狭い道を走るんです。

 

 

ここで、ベトナムなるほどと納得します。

 

 

 

途上国のいくつか、特に東アジア・極東アジアでは、

そのバイクの台数で表現されますが、

問題はバイクの数ではありません。

その交通道徳です。

 

 

ヘルメット義務は無視、

三人・四人乗りは当たり前。

子供はスクーターの足元に立たせる。

なにしろ一番は対向車線をものともせず入り込む。

 

 

反対車線が空いていたらここぞとばかりに数十台が走ります。

 

向こうからも車やバイクが来ますが

それでもお互いどうにかすり抜ければそれでよし。

しかもこのシクロですら反対車線に入り込みます。

 

 

この写真は大型バスが向こうから来ているのに、

前の数台のシクロが走っている様子。

 

 

滅茶苦茶。しかしこれが普通となってしまい、

警察も取り締まらないとか。

 

民度が緩い。

違反が日常茶飯事。

警察も取り締まりが無理。

余計に民度が低くなる。

以下悪循環vicious circleです。

 

都市が荒れる「割れ窓の論理」に似ています。

 

こんな様子で国全体を発展させるのは到底無理。

私としては、この昭和20-30年代の日本を

彷彿させる街並みを観て、ベトナムが

どうあがいても一流国にはなれない理由が

わかればそれで十分。

 

 

となると、他の途上国はどんな事情なのか。

タイ・ミャンマー・

カンボジア・マレーシアがどうなのか。

気になります、行ってみたくなります。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 15:19 | comments(6) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その16:・・バドにK・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

二泊三日滞在の二日目です。午後8時にホテルに到着。

ちょっと軽く打ちあげしましょう。

 

街に繰り出し、

ベトナム料理ではない店を探します。

とは言え見あたりません。

細かい雨中をウロウロして

やっと見つけたのがBudweiserの飲み屋。

 

少し食べましょう。

 

 

と、店に入ると出てきたのが韓国人のボーイ。

 

私達が「英語で注文し始めると

「Are you Korean?」と馴れ馴れしく質問。

おいおい冗談じゃないぞ。ちょっと興ざめ。

 

 

「No, we are Japanese.」

「Oh!」

なにがOhだ・・。

 

そしてビールと数皿を注文。

しかししばらく(20分ほど)待ってもビースすら来ません。

 

呼びつけますと「I am sorry.」とヘラヘラ笑いながら、

「ビールは温かいものでもいいか?」と尋ねてきます。

おいおい、ビールは冷えたヤツに決まってるだろ。

 

結局またしばらく待ってやっとジョッキが来ました。

 

 

その後もトラブルがいくつかあって

 

 

料理が遅れに遅れてきました。

 

 

 

あー、バドの店でしたが、

K国人にやられてしまいました。

後味悪くホテルに戻りました。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 10:33 | comments(4) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その15:・・飲茶とスコール・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

帰路も同じく3.5時間のバスの旅。さすがに疲れてきました。

 

 

途中トイレ休憩で、お決まりの飲茶・ショッピングコース。

 

 

しかし、蓮の実とベトナムコーヒーは美味でしたので、

私もショッピングを楽しみました。

 

 

アテンドに来た若く背の高いベトナム美人(20台後半)と、

日本語で会話を楽しみました。

 

 

余りにも流ちょうな日本語に驚きましたが、

なんと若い頃4-5年間大阪の食品工場で働いていたとのこと。

 

 

しばらく話に花が咲きましたが、

彼女が最後にきっぱり言ったのが

「自分はベトナム人。ベトナムは日本とは

比べものにならないほど遅れているが、

それは若い私達が今後変えていかなければならない。

 

 

大阪・日本にずっと居たい気持ちもあったが、

両親が帰ってこいとも言うし、

思い切って帰ってきた。

帰ってきて日本語を使うこの仕事をしているが、

とても楽しい」

 

・・なるほど、しっかりしていますね。

 

さあ、夕方バスがハノイに近づいてきたころ、

 

 

当たりは真っ暗の土砂降りとなり、

遠雷も響き始めました。

 

 

スコールでしょう。

 

 

しかしバイクに乗る人達は、

それも承知の上とばかりに、

雨合羽をかぶり、

土砂降りの中を平気で3-4人乗りで、

道を時速40-50kmで突っ走っていました。

 

 

平気でバスや車の前に出てくることも。

やっぱりこの国は人の命が安いようです。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 12:17 | comments(3) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その14:・・クルーズと鍾乳洞・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

雨季ですから晴天は望めないのでしょう。

 

 

食事を終え甲板に出てみます。

 

 

湾の上に突き出た多くの岩々がこのクルーズの見所。

 

 

他にも多くの観光船が出ています。

 

 

地元の船でしょうか、

子供達が湾で泳いでいました。

 

 

中には何かの形に似たものもあります。

 

 

これはライオンだったか鶏だったか。

 

 

これは夫婦岩と同じく男女が向き合った様子です。

 

 

船がぐるっと回るとまるでキスしたみたい。

 

 

これは近寄ると分かりませんが

遠くから見ると魚に見えます。

 

 

さあ、上陸しましょう。

 

 

鍾乳洞があるそうです。

 

 

蒸し暑いですね。

 

 

日が照っていないのが幸いです。

 

 

中はこんな感じ。

 

 

岩の壁の色はプロジェクションです。

 

 

んー、色をつける方が良いのか

 

 

本来の岩肌の方が良いのか賛否両論です。

 

 

中のほうが涼しかった。

 

 

さて戻りましょう。

 

 

お土産屋もありますが

今ひとつ消費欲が湧きません。

 

 

さて、港に戻ってきました。

 

 

天気が良くなってきましたね。

 

 

ハノイに戻りましょう。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 14:01 | comments(2) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その13:・・船上行商・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

さて、ハロン湾に繰り出しましょう。

 

 

中はテーブル席で、

 

 

同じ日本人ツアーグループで着席します。

 

 

 

すぐに食事が始まります。

 

 

まずは食事内容をお見せしましょう。

 

 

 

 

まあ量も味付けも軽い感じです。

 

 

私達の年代の胃には

 

 

 

優しくて結構なことです。

 

 

港には観光船ばかりではなく、

 

 

漁師等の船もたくさん係留しています。

 

 

洗濯物が生活感を醸し出します。

 

 

天気はまあまあ、

 

 

もう少し空が青いと海面も青いのですが。

もともと中国からの泥や砂を多く含む「泥水」

透明で綺麗な海水とは言えません。

 

 

さて、面白いのはこの後。

 

 

我々の観光船に幾つもの船が横付けになります。

船での行商です。

 

 

フルーツのこともあれば、

 

 

湾で採れた海産物をそのまま持ち込みます。

 

 

エビや貝類をそこで買い、

船のキッチンで料理してもらいます。

 

 

エビ一匹がいくらか忘れましたが

ちょっと気が引けるというか。

 

 

しかし先ほどコース料理の皿の上に乗っていたエビも

結局はこんな風に獲られたやつでしょうね。

 

 

さて、お腹が満ちて少し落ち着きました。

そろそろ景勝地に近づきます。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 12:55 | comments(0) | - |-
ベトナム・ハノイ旅行顛末記・その12:・・ハロン湾周遊アリーナ・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

さて、ようやく目的地に近づいてきました。

 

 

 

これは鉄道ですね。

 

 

乗ってみたいものです。

 

 

海が見えてきましたが、

 

 

曇天なので海の色も冴えません。

 

 

アリーナの駐車場に

 

 

多くの観光バスが停まっています。

 

 

社会主義国の収入源なのでしょう。

 

 

駐車場を管理するおじさんです。

 

バスを降りる前にガイドさんがひと言。

待合室のトイレは汚いので使わないで下さい。

船のトイレの方がきれいです。なるほどね・・。

 

 

 

何だかたくさんの人達が待っています。

 

 

ガイドさんが切符を配ってくれました。

 

さあ船に乗りましょう。

 

 

後ろ姿の彼女がガイドです。

 

 

小綺麗にしています。

 

 

みやげ物屋もありますが商品が冴えません。

 

 

切符を見ると40,000ドン(200円)でした。

 

 

 

午前11時ころです。

 

 

 

 

さて予約していた船に乗りましょう。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 16:19 | comments(3) | - |-