Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 民進党の蓮舫代表が辞意 午後に記者会見:・・終わりの終わり・・
    黒鬼子 (07/27)
  • コスプレにはまるムスリム女性たち、厳格な戒律にも対応:・・永遠の謎・・
    黒鬼子 (07/27)
  • なぜ日本のコンセントは湿気で漏電しないのか?そのひと工夫に「こんな簡単なことも中国にはできない」―中国ネット:・・できない人にとっては・・
    黒鬼子 (07/27)
  • 韓国・平昌五輪に向け自国民差別?観戦希望者に宿側がむちゃな注文=「ぼったくり根性丸出し」「こんな五輪がうまくいくはずがない」―韓国ネット:・・ヤクザ稼業・・
    黒鬼子 (07/27)
  • 「前川氏は想像を全部事実のように発言している。精神構造を疑う」前愛媛県知事がスバリ指摘:・・背筋が寒くなる・・
    黒鬼子 (07/27)
  • <サッカー>試合後にグラウンドのペットボトルを片付けたU−18 FC東京の選手たち、見向きもしなかった中国代表選手とコーチ―中国メディア:・・素養は自然に変わるのか?・・
    黒鬼子 (07/27)
  • 小林麻耶とディズニーで“不謹慎”の声 「海老蔵」再婚は許されるのか:・・今も田舎の方じゃ・・
    水瓶座 (07/27)
  • 韓国また慰安婦合意破り 財団トップ辞意で活動困難に…日本拠出の10億円はどうなる?:・・一旦歩を止めよ・・
    水瓶座 (07/27)
  • (朝鮮日報日本語版) 【社説】THAAD電磁波測定を取りやめた韓国政府の体たらく:・・何もできない国・・
    水瓶座 (07/27)
  • 北朝鮮が米威嚇、「心臓部を核攻撃」 金委員長排除を牽制:・・米国依存がそもそもの誤り・・
    水瓶座 (07/27)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
樋井明日香、タクシーの中で上半身裸も…「脱ぐことに抵抗はなかった」:・・また一人、ここに現る・・

JUGEMテーマ:映画

女優の樋井(ひのい)明日香(25)が公開中の映画「後妻業の女」(鶴橋康夫監督)で見せている体当たりの演技が話題を呼んでいる。豊川悦司(54)の愛人で新人ホステスの役だが、ラブシーンや、タクシーの中で洋服を着替えるシーンでは上半身裸になり観客を驚かせ、人気もうなぎ登りだ。「さよなら歌舞伎町」(2015年)でもヌードを披露しているが「恥ずかしいっていう気持ちはもちろんあるけど、脚本が面白くて、今回も役に魅力があったので。鶴橋監督とやりたいという気持ちが強かったので、脱ぐことに抵抗はなかった」と振り返る。豊川の顔をベロンとなめるシーンもあるが「大爆笑が起きていたので、やってよかったな」と嫌な顔は一切ない。以前は歌手として活動していたが「今はお芝居を追求したい。だから脱ぐってことも覚悟してやっています。女優業で一生食べていきます」と力強く宣言した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20160901-00000217-sph-ent

 

樋井明日香

https://ja.wikipedia.org/wiki/樋井明日香

 

オフィシャルHP:

http://avexnet.or.jp/hinoi/index.html

 

 

 

 「ブラひもは見せるんだ。分かったな!」

・・・・・・・・・・・・・・・

昨今の新進気鋭の女優といえば、有村架純、広瀬すず、土屋太鳳などが真っ先に挙げられるでしょうか。しかし「女優」は次々に現れては消えていきます。18-19歳で人前に出て、20歳台前半で花を咲かせ、20歳台後半では徐々に薄れ、30歳台では行方しれず。そんな中、実力派として残っている(例えば)石原さとみ、(私の好みでは)夏帆などは、その演技の幅の広さが評価される実力と考えます。深田恭子など、通り一辺倒の演技しかありません。閑話休題。先日当ブログで採り上げました「二階堂ふみ」には、弱冠21歳でその演技の広さと深さに、私は感銘を受けました。そして今回、後妻業の女で正に「一肌脱いだ」のが樋井明日香(ひのい・あすか)。1991年生まれ、現在25歳。元々女子アイドルグループのメンバーだったそうですが、乳や尻まで見せる見事な姿態と演技で私の股間を熱くしてくれそうです。

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 14:49 | comments(2) | - |-
後妻業の女:・・大竹しのぶに不覚にも勃つ・・

JUGEMテーマ:映画

映画『後妻業の女』公式サイト

http://www.gosaigyo.com

 

後妻業の女 : 作品情報 - 映画.com

http://eiga.com/movie/82652/

 

『後妻業の女』に思う「結婚に愛とかなくてもいいんでは」説 ニュース

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=

20160903-00010003-kjn-life

 

【後妻業の女】演技か天然か!?「悪女」で輝く大竹しのぶ(略)

http://matome.naver.jp/odai/

2143866229438823901

 

「後妻業の女」予告

https://www.youtube.com/watch?v=vqvIxvyDb14

 

愛とお金、ねらわれてませんか!? 

映画『後妻業の女』公開記念ナビ特番 <メイキング編>

https://www.youtube.com/watch?v=5Sida59foBU::

 

 

「あなたの口座からお金を全部降ろすわよ」

「ウ・ウーン」(脳梗塞で意識無し)

 

 

女を騙す男 イチモツは「スカイツリー」

 

 

葬式代を相談したい

 

 

よくもお父さんを殺したわね!

一度は娘と思って可愛がってやったのに! 

 

 

俺と会うときはその口を閉じて黙ってろ 

 

 

今度この子と二人でお店を出したいからお金を出資して

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、話題の映画「後妻業の女」を観ました。ここはちょっと力を入れて解説したい・・。

 

独身高齢者同士のお見合い。男性に求められる条件は、

第1.金持ち、そして第2.持病持ち。

持病が多く、重いほど良い。

 

男が60-70歳台、そしてそれに集る女達は40-50歳台。

女の決めぜりふは「あなたに尽くしたい。あなたの最期を看取ってあげたい」この二つ。

子供と縁遠くなったやもめ男にこれほど響く言葉はない。

そして、女は胸をはだけ、白い太ももをちらつかせれば、

男は忘れかけていたものを思い出し、女と籍を入れる。

あとは女の思い通り。

 

女は男が早く逝くように仕向ける。

塩辛い・脂っこいものを喰わせ、体を求めればOK。

 

さて、この映画の主役は、結婚相談所のボス豊川悦司とワル女の大竹しのぶ。

そして騙される男に津川雅彦、その娘に長谷川京子と小野真千子。

元警察官、興信所お抱え探偵の永瀬正敏。

そして彩りを添える強欲ホステスに水川あさみと樋井明日香。

その他多くの豪華キャストで十分に楽しめます。

 

R15作品で、大人向けの内容で、もちろん裸・ベッドシーンも華やか。

樋井明日香の解説は別に挙げますが、私が痛感したのは「大竹しのぶの色っぽさ」。設定では40-50歳台と年齢不詳ですが、服や仕草が緩いために、スカートの裾から黒いパンツがチラチラ丸見え。勿論キスシーンや乳を揉まれるシーンも。私、不覚にも思わず勃ちそうになりました。ということは、私も後妻業の女に引っかかりやすいって事でしょうか。まあ持病は軽い高脂血症だけですが。この映画、とても楽しめます。この数年で一押しの映画です。

 

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 14:29 | comments(2) | - |-
二階堂ふみのラブシーンはなぜ心を揺さぶるのか(略):・・背徳の匂い・・

JUGEMテーマ:映画

二階堂ふみ(略)、鬼才・園子温にみそめられ、その才能を十二分に発揮。同作でヴェネツィア交際映画祭の最優秀新人賞、日本アカデミー賞では新人俳優賞に選出され、瞬く間に映画界の寵児として駆け上がっていった。(略)ではなぜ二階堂ふみが、若干21歳ながら本格派女優として高い評価を得ているのか。それは、間違いなく演技の幅にある。(略)そんな中でも、個人的に最も印象強いのは熊切和嘉監督の「私の男」での表現力である。同作では、撮影当時19歳であった二階堂ふみの濃厚かつ、妖艶なラブシーンが話題を集めた。作中で惹きつけられたのが、二階堂ふみが「お父さん…しよ」と語りかける一幕。実の父である浅野忠信演じる、腐野淳悟への禁断の一言は、後のラブシーンへの布石となっている。一体このシーンを違和感なく、そして視聴者に背徳感の要素を加えて伝えることができる10代の女優は、過去を遡ってもどれほどいただろうか。(略)筆者の知る限りで、10代で濃厚なラブシーン、もしくはヌードシーンを演じた大物女優達(略)中でも吉高由里子は、二階堂ふみと同じく園子温作品から飛躍を遂げている。2人のラブシーンにどんな違いがあるのか?(略)

http://realsound.jp/movie/2016/02/post-950.html

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/私の男

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/二階堂ふみ

 

 

 

 

 

 

      二階堂ふみ 撮影当時19歳

・・・・・・・・・・・・・・・

先日BSで、記事にあります「私の男」を観ました。私は、それまで「二階堂ふみ」を全く知りませんでしたが、もう驚きの映画です。1994年生まれで、この映画が2014年公開で、撮影は19歳時。薄汚い部屋で、親戚筋の男に養子でもらわれた娘の設定で、その男(浅野忠信)と肌を重ねる。むしろ女の方が積極的。やや小振りの幼い乳房が露わになり、男にすがる様子は、まるでAVかロマンポルノですが、その迫力はさすが正統派女優の貫禄。まだ今も21-22歳ですが、次々と新作映画に登用され、その雰囲気で「生半可な女優達」から一歩も二歩も抜きんでています。

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 10:33 | comments(3) | - |-
“日本産”人気すぎて盗難も…不思議なカタチ「多肉植物」の世界:・・案外難しい・・

JUGEMテーマ:植物

ユニークな形や色の「多肉植物」の人気が広がっている。日本では“多肉女子”なる愛好家たちも出現。人気は海外にも波及しているが−。砂漠地帯や海岸、高山などの乾燥地域に生育し、その体に水分を貯蔵できるよう進化した植物。葉・茎・根が肥大し、多肉質化していることから多肉植物という。広義にはサボテンも多肉植物に属する。不思議な形…多肉植物の世界 品種は2万種を超えるともいわれる:「肉厚な葉や茎に水分を蓄え、乾燥に耐える植物」の総称を多肉植物と呼び、分類上多くの科の植物が含まれる。そのため種類は原種だけで1万5000種以上、園芸用に交配した品種も含めると2万種を超えるといわれている

http://www.iza.ne.jp/topics/economy/

economy-9998-m.html

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

多肉植物。種類が多く、さほど手頃なサイズなので私も興味あります。今まで幾度か購入し、窓辺に置いていましたが、直ぐにダメになってしまいます。大きく育った試しがありません。水のやり過ぎか、不足か。温度か日光か。そういえば、盆栽も2-3回買ったことがありますが、それらも全て全滅。植物も難しいものです。

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 09:59 | comments(2) | - |-
シン・ゴジラ 映画評:・・フィクションドキュメンタリー・・

JUGEMテーマ:映画

 

シン・ゴジラHP:http://www.shin-godzilla.jp/index.html

 

 

 

 

 さすが石原さとみ 良い味出しています

・・・・・・・・・・・・・・・

昨日シン・ゴジラを観ました。怪獣映画ではなく、ドキュメンタリーです。東京に過去に例のない巨大な生物が現れ、圧倒的な力で破壊し尽くす。その時、政府・内閣・防衛相・自衛隊・現場はどの様に動き、決断し、実戦するのか。微に入り細に入りの設定で感心します。自衛隊総力を尽くしても、ビクともしないゴジラ。このままでは東京は破壊し尽くされる。またゴジラの自己増殖・繁殖力が世界中を巻き込むことも明らかになり、日本のみの問題ではないと世界が理解する。そして国連の連合国が、ゴジラ掃討に核兵器を使うことを決定する。さて、日本はどうするのか。ゴジラよりも、「人と組織」が気になる映画です。ゴジラの退治法はさておいて、自衛隊・軍事作戦に興味がある方にはもってこいの映画かも。

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 15:23 | comments(2) | - |-
山口県 西半分ソロツーリング:・・そうか、才女なのか!・・

先日、山口県の西半分をバイクでブラッと回ってきました。

 

 

図の通り、高速を下関ICで降り、2号線を東に進み、

 

 

防府市(ほうふ)の防府天満宮参拝、

 

 

山口市を経由して秋吉台入り、

 

 

鍾乳洞を見学後に

 

 

 

 

秋吉台カルスト台地を快走、

 

 

 

 

北上して長門市から青海島(おうみしま)を周り、

 

 

あとは191号線を通って降りてきました。

 

そこで防府での一こまをご紹介です。

 

家を出掛けるときに

妻に「防府に行くなら、天満宮前のおこしを買ってきて。

   あれは名物だから」と命じられ、

その通りに店に入ります。

 

 

どうやら由緒あるお店のようですね。

 

 

まだ午前10時過ぎでしたのでお客さんはまばら。

私が店内をブラブラ観ていますと、

70歳くらいのご主人が声を掛けてきます。

 

「今日はどこから来られたのですか?」

「あ、福岡からです」

「お一人ですか?」

「ええ、バイクで(手にヘルメットを持っています)」

「え、それはすごいですね」

「いやーそれほどでもありませんよ」

「何かお土産をお探しですか?」

「はあ、この店のおこしが有名だと」

「あ、この酒垂岩おこしですよ」

 

 

「あー、妻にこれを買ってこいって言われて」

「あ、奥様ですか。こちらのご出身なのですか」

「ええ、ここの防府高校に通っていたとかで」

「ああ、なるほど。才女ですね」

「えっ!!」

 

・・そうか。そうだったのか。

現妻と知り合ってもう35年、結婚して29年。

しかし、不覚にも才女とは知らなかったなあ。

そうなのか、私は才女と結婚したんだ

・・気づかなかった(内心爆笑)。

 

帰宅して、妻にお土産のおこしを手渡して、

店主さんとのやりとりを話します。

 

「いやー、知らんかったわ。私は才女を娶(めと)ったんやなあー。」

妻も爆笑です。

「もう、田舎やからねぇ。防府高校=秀才・才女のパターンなんよ(笑)」

「でも、防府に行ってよかったわ。

 もし行かなかったらあなたを才女とは知らずじまいだったろうよ」

「もう・・」

「今日はバイクに乗っている間、一人で延々と笑っていたよ。

 ちょっと分けて笑わないと、いっぺんでは笑いきれないなあ(爆)」

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 10:11 | comments(5) | - |-
22歳被告、初公判で「心からおわび」:・・さよなら渓谷・・

JUGEMテーマ:映画

サークル「誕生日研究会」 被害女性調書「最低で許せない」:女子大学生の服を脱がせて体を無理やり触るなどしたとして、強制わいせつと暴行罪に問われた東京大生、Matsumi謙佑被告(22)は5日、東京地裁(島田一裁判官)の初公判で起訴内容を認め「自分勝手な行動で被害者を傷付け、深く反省している。心からおわび申し上げたい」と謝罪した。検察側は、被告らが女性を酒に酔わせてわいせつ行為をするために「誕生日研究会」というサークルを作り、飲み会を開いていたことを明らかにした。事件では、他に東大生のKawamoto泰知(22)、同大学院生のMatsumoto昂樹(23)両被告も起訴されている。(略)

http://mainichi.jp/articles/

20160706/k00/00m/040/070000c

 

 

 

       さよなら渓谷

・・・・・・・・・・・・・・・

この下劣な東大生には、罪を背負って長い人生を送って欲しいものです。また安易に「東大生と知り合いたい。あわよくば結婚して楽な人生を送りたい」などと望むゲス女達にも警鐘を鳴らしたいものです。

 

さて、私が先日衛星放送で見ました映画「さよなら渓谷」。

この東大生事件によく似た題材の映画でした。

真木よう子と大西信満が主役で夫婦役の暗い映画。

その主題は、「輪姦レイプした男(の一人)とその犯された女が

巡り巡って再会し、夫婦として同居する。二人は幸せになれるのか」です。

濃厚な性行為シーンも多くありますが、それよりも気になるのは

「レイプで人生が狂った男女の思惑」です。

 

それぞれの人生の中でボロボロになった二人がある日再会。

男は罪を償おうと女に近づく。

女は生きる手立てが無く、イヤイヤながらも男と同居する。

そして時間を経る間に、夫婦の様な会話、時々の笑顔と笑い声。

二人は長い極寒の時期を越え、雪解・陽春を迎えるのか。

しかしある日突然、女は去っていく。

曰く「・・・私達は、不幸になると約束した。

      このままでは幸せになってしまう・・」

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 10:25 | comments(2) | - |-
初のオートバイツーリング 角島(つのしま) その7:・・怖がらなくても良いよ・・

さて、島の少し先に進みます。



灯台の麓の公園に行きましょう。
あー、家族連れが多い。
子ども達もたくさん遊んでいます。

ここで面白い事が一つ。




上の写真の様に、バイカーツーリング軍団がやってきました。

そして先頭の一台が停車しますと、
後ろのバイクもキチンと整列して停まります。
信号機のない横断歩道で
一人の小さな子どもを優先しようというわけです。
さすがマナーのよい軍団です。




ところがその子どもが道路をなかなか渡ろうとしません。
ビクビク恐れているのです。

先頭のバイカーが手で合図しますが、それもまた「恐ろしい」。
結局は親にせかされて、子どもは急いで渡りました。

やはり「バイカー=暴走族・恐ろしい」なのでしょうね。




中にはそんなのもいますが、大半は普通の人達。

ただし一旦バイクに跨ると、見かけだけ豹変するんです。




さて、もう一つ。

私が駐車場にバイクを留めますと、
私の隣りに偶然全く同じタイプのバイクが停車しました。
ナンバーは名古屋です。ほー、凄いですね。
そして30歳台の男性持ち主としばらく話に花が咲きます。




彼「こんにちは!」
私「こんにちは!名古屋からおいでですか?」
彼「いやー、名古屋ナンバーですが、出発は静岡なんです」
私「すごい。ずっと高速で来られましたか」
彼「ええ、ちょっと疲れましたが(笑)」
私「このバイクで高速って凄いですね」
彼「風が強いと困りますね。ところで本当に奇遇ですが、
  私、今まで同じタイプのバイクを見たことがなかったんです」
私「あー、私もそうですよ。滅多にない型ですからね。
  私は、福岡県内で2-3回見かけましたが」
彼「そうなんですか。あ、そうだ。
  記念に写真を撮って良いですか?」
私「ははっ。どうぞどうぞ」




・・こんな感じ。荷台が不自由とか、
  燃費がいくらとか色々話します。




そして最後には、
彼「じゃ、お元気で」
私「あ、お気をつけて」で別れます。

決して暴走族ではありませんよ(笑)。

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 15:30 | comments(2) | - |-
初のオートバイツーリング 角島(つのしま) その6:・・ライダー仲間意識・・

島の中程のドライブイン(しおかぜの里 角島)に入ります。



たくさんの車・家族連れが訪れています。





バイク溜まりに入りますと、流石に凄いのが並んでいます。





オートバイは中型が400ccまで、それ以上を大型に分類されます。
以前は、ハーレーの750ccナナハンが有名でしたが、
今はリッタカーと言います。
即ち1000cc以上のクラスです。
値段は130-150万以上、最高速度は280-300km/hです。
時速300km。新幹線並みです(笑)。これに生身むき出しで乗るんです。
こんなバイクの速度メーターでは、街乗り時の時速30-60km/hは、
最初のちょこっとの部分にある程度で、実際は役には立たないでしょう。








日本のバイク市場のトップ4社がそのまま世界の市場ランキング上位だそうです。
ホンダ・ヤマハ・カワサキ・スズキ。
勿論他にBMWやK国のKTMもありますが、
ホンダは流石と言えるでしょう。






さて、ジュースを飲みながら、少し話しかけてみましょう。
「こんにちは。凄いバイクですね」
「あー、こんにちは。ありがとう」
「どこから来られたのですか?」
「あ、・・からです」こんな感じで会話が始まります。
後は各自のバイク談義。




当然ですが穏やかなものです。
原付以上のサイズのオートバイ乗りは皆暴走族。
これが世間の認識ですからね。
バイクを降りて、メットを脱げば、
多くは普通のお兄さん・お姉さん、
あるいはおじさん・おばさん達です。

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 11:08 | comments(2) | - |-
初のオートバイツーリング 角島(つのしま) その4:・・知らない人とYeah!・・

さて、漁港・特牛を過ぎて、北上します。
特牛は「こっとい」と読みます。
まず普通では読めません。難読地名の一つです。




あー、道の向こうからもバイク野郎達が走ってきます。
この(ツーリング)オートバイがすれ違う時に、
お互いが手を挙げて挨拶・合図を送るのがとても楽しく刺激的。




バイクは仲間意識が高いんです。
でも、私は誰も彼もに合図するわけではありません。
見るからに下品なライダーは遠慮します。
それから5−6台以上連なる集団にも送りづらい。
1人、あるいは2-3人まででしょうか。
このお互いの合図は「バイクを趣味にして良かった」と思わせます。

さて、角島の入り口に到着です。

まずは手前の高台に登って全景を見てみましょう。




人がたくさんいます。

続きを読む >>
posted by: 水瓶座 | 趣味 | 11:36 | comments(0) | - |-