Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 韓国GSOMIA破棄でクーデターの可能性も!? 日韓防衛OBにも衝撃「現役将官のほぼ全員が“失望”している」:・・何が起きても今よりまし・・
    黒鬼子 (08/25)
  • 「大統領演説に日本は感謝もない」 韓国高官が破棄釈明:・・ジャッジは米国ではない・・
    黒鬼子 (08/24)
  • 「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身:・・こんな本が売れる日が来るとは・・
    黒鬼子 (08/24)
  • [寄稿]日本はなぜ韓国を「取り戻すべき故郷」と言うのか:・・意味が分からない・・
    黒鬼子 (08/24)
  • GSOMIA破棄に衝撃を受けた河野外相、真夜中に韓国大使を招致:・・GSOMIA、今度の中学入試に出るぞ・・
    水瓶座 (08/24)
  • GSOMIA破棄に衝撃を受けた河野外相、真夜中に韓国大使を招致:・・GSOMIA、今度の中学入試に出るぞ・・
    黒鬼子 (08/24)
  • GSOMIA破棄に衝撃を受けた河野外相、真夜中に韓国大使を招致:・・GSOMIA、今度の中学入試に出るぞ・・
    水瓶座 (08/24)
  • 三浦瑠麗氏、韓国の協定破棄で「面倒な地域にとどまる気分が米国に失せると日本にも影響」と指摘:・・よく考えると無意味・・
    水瓶座 (08/24)
  • 【社説】何のためのGSOMIA破棄なのか懸念される=韓国:・・行動規範が分からない・・
    水瓶座 (08/24)
  • 【韓国GSOMIA破棄】“反日”のために北のミサイル情報を捨てた文在寅の「自殺行為」だ:・・国の方向性を決定・・
    水瓶座 (08/24)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
由布岳・佐賀関巡り

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

昨年4月に車で妻と日帰りドライブ。

 

 

大分県の由布岳経由で、

 

 

佐賀関をおとずれ、

名物の関サバ・関アジを食べてきました。

 

 

これは湯布院から由布岳に登る際

(県道11号 やまなみハイウェイ)の

狭霧台(さむだい)展望台からの眺めです。

 

 

湯布院の壮大な姿。

 

 

 

そして湯布院の町が典型的な盆地形とわかります。

 

 

そして別府ロープウェイ乗り場。

 

 

 

ここから鶴見岳への登山ルートがあります。

 

 

そこから国道10号などを経て佐賀関の半島へ。

 

 

美しく穏やかな海が広がっています。

 

 

名物の関サバ・関アジを頂きましょう。

 

 

値段にすればこんなものでしょうか。

 

 

しかし食してみれば、

 

 

スーパーの刺身とは全く異なります。

 

 

コシが強いというより、

 

 

むしろ「身が引き締まりすぎて硬い」感じです。

 

 

口の中で噛んでもすぐには噛みきれません。

まあそれだけ楽しめるってわけです。

posted by: 水瓶座 | 紀行 | 09:19 | comments(2) | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:19 | - | - |-
>耶馬溪は全て走破しました。
 裏耶馬溪はもちろんのこと、
 津民耶馬溪にも行きましたよ。
 津民のところに、柾木の滝というマイナーな滝があります。
 足場が整備されていなくて、濡れて積み重なった落ち葉に
 足を滑らしそうになりました。(笑)
 舗装されていても、
 マイナーな狭い道は、自動車は不得手ですし、
 ナビがそちらを推奨しないようです。
 バイク天国ですよ(笑)。
| 水瓶座 | 2019/01/15 7:59 AM |
由布岳の爆裂火口は一見の価値がありますが、後の由布院の町は要りません。
耶馬渓のほうが数倍面白いですね!
特に本筋から抜けて、裏耶馬渓は最高です。
立羽田へ抜ける道は、ライダーも多く、写真を撮るならここらの山は最高です。
今度また行ってみようかと思います。
耶馬渓の大穴は人が行かない。実際知られていない津民の奥が中々いいのですが、ここは秘密の場所としておきましょうかね。
バイク旅としては最適です、道があまり広くないので!
| 黒鬼子 | 2019/01/13 5:15 PM |