Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 北朝鮮国内で金正恩「健康不安説」がささやかれ始めた理由:・・鉄人ではないはず・・
    水瓶座 (04/23)
  • 「金正恩は無意味なことを言っている」北朝鮮国民の不満、爆発寸前:・・ヒソヒソしようものなら・・
    水瓶座 (04/23)
  • 北朝鮮が米朝交渉から「ポンペオ除外」を言い出した理由:・・首が脂肪で守られて・・
    水瓶座 (04/23)
  • 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」:・・強く腐った者が勝つ・・
    水瓶座 (04/23)
  • 北朝鮮国内で金正恩「健康不安説」がささやかれ始めた理由:・・鉄人ではないはず・・
    黒鬼子 (04/22)
  • 「金正恩は無意味なことを言っている」北朝鮮国民の不満、爆発寸前:・・ヒソヒソしようものなら・・
    黒鬼子 (04/22)
  • 北朝鮮が米朝交渉から「ポンペオ除外」を言い出した理由:・・首が脂肪で守られて・・
    黒鬼子 (04/22)
  • 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」:・・強く腐った者が勝つ・・
    黒鬼子 (04/22)
  • 韓国高裁、日韓の「信頼損ねる」 関係に配慮、合意記録公開訴訟で:・・司法が行政にズカズカと・・
    水瓶座 (04/22)
  • トランプ氏、文氏に韓日関係の改善について言及していた:・・今のままで・・
    水瓶座 (04/22)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
伊が「一帯一路」覚書締結へ 親中政策、欧州分断助長の懸念:・・染色体が赤く染まり・・

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

中国の習近平国家主席は21日からイタリアを訪問し、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の覚書をイタリアと締結し、インフラ整備などで協力関係を強化する見通しだ。移民問題などで欧州連合(EU)内に摩擦を生じさせてきたイタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)政権の「親中政策」が欧州の分断を助長しかねないとの懸念が出ている。アジアから欧州までを結ぶ一帯一路の海路「海のシルクロード」の終点となるイタリアの北東部トリエステは、中国が熱視線を送るアドリア海の港町。港湾の指定区域内であれば関税を支払うことなく、積み荷を一時保管し、加工して再輸出もできる「自由港」として栄えてきた。(略)政権の中国接近策についてはイタリア国内でも批判が出ており、イタリア主要紙レプブリカは、「中国は新たなトロイの木馬を見つけたのかもしれない」と報じ、イタリアと中国の接近が欧州の不安定化を招きかねないと指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190319-00000097-mai-int

 

 

 

         国土が全て赤化

・・・・・・・・・・・・・・

イタリアは、C国の属国・植民地への道を選んだようです。街中のチャイナタウンと同じ、C国の欧州乗っ取り作戦の本拠地となるでしょう。イタリアでC国人労働者が溢れ、中伊混血が増え、政府機関にC国系が増え、最後にはC国系イタリア人に乗っ取られる。イタリアの遺伝子・染色体が、次第に赤く染まっていくのでしょう。すると国境を境にする国も次第に赤くなっていきます。

posted by: 水瓶座 | 国際 | 14:34 | comments(3) | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 14:34 | - | - |-
>結局、勝利を収めるのは、より多くの金を持ったヤツですよ。
 博打と同じこと。
 しかも自由民主主義ではない、真っ赤な奴らですからね。
 相手がどうなろうが知ったこっちゃない。

 欧州とひと言で言っても、
 結局は種々雑多な大小の国の寄せ集め。
 思惑はそれぞれ違っているはず。
 この地域はまだまだ流動的に変化し、
 ついには、ローマ帝国ならぬC帝国の
 ブラックホールに呑まれてしまうでしょう。
| 水瓶座 | 2019/03/22 8:25 AM |
守銭奴グローバリストが伝統的コミュニティを破壊し、それに乗じてイナゴが大量に湧いて出る。
行政システムとしてのEUが守銭奴に牛耳られている以上、欧州の内部崩壊は止まらないかも。
社会実験としてのユーロが大きな足枷と言いつつ、ポンドを維持してたGBですらロンドン市長が確かムスリムじゃなかったかな。
守銭奴にポリコレ左翼に宗教原理主義、そしてクラフトマンシップの欠片もないイナゴが加わって欧州ブランドが古のオーパーツのように語られる日もそう遠くないかも。

欧州にも旨い酒がいっぱいあるんだが、先々宗教的に無くなるか技術的に不味くなるか…、キツイなあ。
| 通りすがりの二日酔い | 2019/03/21 4:02 AM |
日本をうまくだしに使って引き入れたんでしょうね、日本も入るみたいだから!
さてと、中国マフィアと本物のマフィアの対決はどうなってしまうのでしょうか?
Familyと宗族はどっちがつよいのでしょうかね!
| 黒鬼子 | 2019/03/21 12:55 AM |