Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 繊細なサービス精神持つ和田アキ子、音楽にもどん欲日刊スポーツ354:・・整形で人間味を喪失・・
    黒鬼子 (10/19)
  • 「不当な扱いを受けて後遺症になった」韓国紙、約束を破った北朝鮮を厳しく糾弾:・・FIFAの英断が待たれる・・
    黒鬼子 (10/19)
  • 「八ツ場」に野党ピリピリ 神経質に反論、“反省”の言葉なし:・・ド素人が・・
    黒鬼子 (10/19)
  • 東京五輪マラソン・競歩、今後チケット販売は事実上白紙:・・小池知事激怒・・
    黒鬼子 (10/19)
  • 東京五輪マラソン・競歩、今後チケット販売は事実上白紙:・・小池知事激怒・・
    F.Y (10/19)
  • “玉ねぎ男”辞任 韓国・文大統領が起死回生に“驚愕の禁じ手”:・・国民が欣喜雀躍する手法・・
    水瓶座 (10/19)
  • 繊細なサービス精神持つ和田アキ子、音楽にもどん欲日刊スポーツ354:・・整形で人間味を喪失・・
    水瓶座 (10/19)
  • “玉ねぎ男”辞任 韓国・文大統領が起死回生に“驚愕の禁じ手”:・・国民が欣喜雀躍する手法・・
    ケロねーさん (10/19)
  • 繊細なサービス精神持つ和田アキ子、音楽にもどん欲日刊スポーツ354:・・整形で人間味を喪失・・
    ケロねーさん (10/19)
  • 首相、日韓会談に含み 即位礼で来日の李洛淵氏と:・・会ってやって否定すればよし・・
    水瓶座 (10/18)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
トヨタ、月面探査に参加へ JAXAと共同:・・レクサス・・

JUGEMテーマ:社会の出来事

トヨタ自動車が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと共同で月面探査に乗り出すことが6日、分かった。調査に使う乗り物の開発などで協力するとみられる。自動車の開発や生産で培った技術力を生かす。12日に発表する。(略)JAXAは2月、探査機はやぶさ2を小惑星りゅうぐうに着陸させることに成功した。月へも実証機を送ることを目指しており、狙った場所への正確な着陸を試す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190306-00000084-kyodonews-soci

 

 

 

     自動運転 追突防止機能付きで

・・・・・・・・・・・・・・・

三菱がジェット機産業に参入。ならばトヨタは月へ。楽しい話題です。私が生きている間に、月面にレクサスを走らせて欲しい。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:46 | comments(0) | - |-
はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声:・・朗報・・

JUGEMテーマ:科学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、「小惑星探査機『はやぶさ2』が、地球と火星の間にある小惑星『リュウグウ』への着陸に成功したと判断した」と発表した。同日午前8時前、相模原市中央区のJAXA宇宙科学研究所の管制室に集まったメンバーに拍手と笑顔が広がった。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190222-00000012-mai-sctch

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

すばらしい朗報です。日本の宇宙技術力が証明されました。まあ地球に帰還してナンボですが、まずは一安心。まあ例の劣等感塗(まみ)れの国からは、また羨望とやっかみのコメントが送られてくることでしょう。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 12:42 | comments(0) | - |-
北磁極の移動加速、1年に55キロ 「世界磁気モデル」 1年前倒しで更新:・・こりゃ大変だ・・

JUGEMテーマ:科学

地球の北磁極の位置が従来をはるかに上回る速度で移動しているため、スマートフォンなどのナビゲーションシステムなどで利用されている世界磁気モデル(World Magnetic Model)は今週、予定を1年前倒しして更新された。北磁極とは、地球の磁力線が垂直に落ちる地点のこと。(略)北磁極は1831年、カナダ北部で発見された。研究者らによると、北磁極は長らくカナダを小刻みに動き、ほとんど移動しなかったが、今では1年に55キロ移動しているという。地球の磁場は主に、地下3000キロメートルにある地球の外核を構成する液体の鉄の運動によって発生している。この運動は地磁気逆転を引き起こすものだが、最近、北磁極の移動が加速している原因は謎に包まれている。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190206-00000026-jij_afp-sctch

 

 

 

   なんか、うろうろしてるなあ

・・・・・・・・・・・・・・・

ほほー、これは由々しきことです。磁極が年間55km移動するとは驚き。地核の移動・変動が激しくなっているのでしょう。数百年後には小学校で磁石を学ぶ時、N(north)極とS(south)極とは呼ばなくなっているかも。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 12:11 | comments(0) | - |-
iPS細胞研究所「ストック事業」外部移管を検討 「大量生産して供給」体制強化へ:・・ちょっと腎臓を作ってくれや・・

京都大学はiPS細胞を大量生産して医療や研究に役立てる「ストック事業」について、外部組織への移管を検討していることを明らかにしました。京都大学iPS細胞研究所の「ストック事業」は安全性を確認したiPS細胞を大量生産して備蓄し、研究機関などに提供するもので、再生医療へのスムーズな応用を目的に山中伸弥所長らが力を入れてきました。ただ、大学で行われる基礎研究や教育とは異なる設備や人材が必要で、京都大学は安定的に提供する体制を作るため、この事業を研究所から公益財団法人などの外部組織に移管することを検討しているということです。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00025771-mbsnewsv-sctch

 

 

 

      誰が支払うんだ?

・・・・・・・・・・・・・・・

まあ何にしろ結構なことですが、iPS細胞医学・医療ではまだ議論されていない大問題があります。それは医療費です。自分の細胞からiPS細胞を作り、自分の臓器を作るのは勝手ですが、それはやはり自由診療=自費であるべきでしょう。しかしiPS細胞バンク構想が実り、様々なパターンのiPS細胞が公的組織から配給されるならば、それは健康保険から支払われることになります。心臓1個2000万円、腎臓1個1000万円などの高額な医療費を誰が支払うのか。自分は働けない、あるいは健康保険費用医を納めることもできない膨大な数の高齢者達が「ちょっと心臓を作ってくれ」とするとき、医療費は破綻するでしょう。若い人達が汗水垂らして働いた給料から、iPS医療のためにどれだけがさっ引かれるか。ま、労働意欲も、個人の財産も幸せも吹き飛ぶはずです。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 16:44 | comments(3) | - |-
「ゲノム編集で双子女児誕生」中国の研究者主張:・・嘘っぽいが・・

JUGEMテーマ:中国

AP通信は26日、中国南部広東省深センにある南方科技大学の賀建奎博士らが、遺伝子を効率良く改変できる「ゲノム編集」技術を受精卵に使い、双子の女児を誕生させたと報じた。事実であれば、ゲノム編集した受精卵を使って赤ちゃんが生まれたのは初めてとなるが、専門家からは倫理、技術の両面で問題が指摘されている。AP通信によると、賀氏らは、体外受精で作った受精卵を使って、エイズウイルス(HIV)に感染しにくくなるよう遺伝子をゲノム編集で改変したと主張している。実験には7組の夫婦が参加し、うち1組から今月、双子の女児が誕生したという。夫はいずれもHIVに感染していた。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00050095-yom-sci

 

エイズ免疫持たせた赤ちゃん誕生=遺伝子操作に非難噴出―中国

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000129-jij-cn

 

 

 

     大嘘つきか狂人か

・・・・・・・・・・・・・・・

この話題がかなり取り沙汰されていますが、本当にホントでしょうか。また、エイズウイルスに感染しにくくすることが、「出来た子供」の何の役に立つのかも疑問。この国は嘘・デタラメで満ちていますし、もう少し静観してみたいと思います。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 16:05 | comments(2) | - |-
「子宮移植」臨床研究の計画を提出 国内初に向けた一歩:・・ここにもLGBT・・

JUGEMテーマ:科学

子宮がない人に第三者の子宮を移植し、妊娠、出産をめざす臨床研究の計画案を、慶応大の木須伊織・特任助教(産婦人科)らのチームがまとめ、日本産科婦人科学会(日産婦)に7日提出した。国内初となる子宮移植に向けた一歩となる。一方、患者の命を救ったり、生活の質の向上を目指したりする従来の臓器移植医療とは目的が異なり、妊娠、出産のための移植となる。容認するかどうか倫理面が課題となる。日産婦は日本移植学会と連携して、安全に行うための条件などについて議論を始める。子宮移植は、生まれつき子宮がない「ロキタンスキー症候群」や、がんで子宮を摘出した女性が対象。欧米などで少なくとも54例行われ、13人の子どもが生まれている。国内で、ロキタンスキー症候群やがんで子宮を摘出した女性は国内に20〜30代だけで推計5万〜6万人いる

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20181107-00000069-asahi-soci

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

生まれつき、あるいは病気で子宮を失い、子供を持つ事ができない。そんな女性には朗報です。ここでの問題は、その子宮が誰からやってくるか。「子供を産み終えて、もう子宮は要らない」という女性が主でしょうが、LGBT関係が取り沙汰されています。つまり「体の構造は女性だが、自分の心は男性だ。月経の元となる子宮は、性転換手術の際に取り除きたい」と言うわけ。仮に子宮を取り除き、数年後に「あ、やっぱり自分は女性だった。あの子宮を取り戻したい」となっても後の祭り。もともと性転換手術といっても、ペニスと睾丸を切り外しても、男性ではなくなりますが女性になるわけではなし。子宮を外し女性性器を操作して女性ではなくなっても男性になるわけではなし。この性別問題は、あちこちに多くの波紋をつくります。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 10:18 | comments(3) | - |-
中国が「人工の月」打ち上げへ―中国メディア:・・失敗の際は・・

JUGEMテーマ:中国

2018年10月18日、中国新聞網は、中国が「人工の月」の打ち上げを計画していると伝えた。 記事によると、四川成都天府系統科学研究会が参加する「人工の月」構想は、2022年には初歩段階を実現し、2020年に最初の「人工の月」が発射される見込みだという。(略)ロシアは、緯度が高くて日照時間が短いため、「人工の月」計画を進め、特製の反射鏡で宇宙から太陽光を地面へと反射させる計画だったが、最終的に鏡面の展開に失敗し、そのまま計画はストップしてしまったと伝えた。 しかし、「中国は関係する核心技術や基礎材料の面で成熟しており、実験を行う条件が整っている」と紹介。(略)「わが国の『人工の月』は、正確に言えば一種の携帯大型空間反射鏡の人造空間照明衛星だ。その照度は最大で月の8倍となる見込みである。計画では、20年に『人工の月』を発射して軌道に乗せ、照明をコントロールする全体的な実験を行い、22年には3つの『人口の月』を発射する予定だ。(略)

ttps://www.recordchina.co.jp/

b648276-s0-c30-d0035.html

 

 

 

     スターウォーズ デススター

・・・・・・・・・・・・・・・

人口の月だそうです。空に3個の月を打ちあげて何がどうなるか全く見当もつきません。しかしただ一ついいたいのは、「失敗してもC国の地上に落としてくれ。決して海や他国の領土の落とさないでくれ。大迷惑だから」です。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:41 | comments(2) | - |-
血液1滴で、卵巣がんを98・8%の精度で判別…国立がん研など成功:・・「1滴」が話題の中心か?・・

JUGEMテーマ:科学

国立がん研究センター(東京都中央区)などの研究チームは17日、血液1滴を使った検査法で卵巣がんを98・8%の高率で判別することに成功したと、国際科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表した。卵巣がんは自覚症状が出にくいため、早期発見や治療向上につながる成果として期待される。チームは、細胞から血液中に分泌される微小物質「マイクロRNA」の変動パターンが、がんの有無の判別に使えることを突き止め、13種類のがんで正解率95%以上という検査法を開発している。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20181018-00050008-yomidr-sctch

 

 

 

  どうぞどうぞ、たっぷりと

・・・・・・・・・・・・・・・

何か違和感を感じる記事です。血液一滴をどうやって採るか。結局採血するしかないんですよね。ならば10ccくらいはたっぷり採って、色々しっかりと調べて欲しい。一滴だけなんてケチなことは言いません。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:23 | comments(2) | - |-
オス2匹からマウス誕生…精子の遺伝情報で:・・さすが実践的・・

JUGEMテーマ:科学

2匹のオスの精子が持つ遺伝情報をもとに子マウスを初めて誕生させたと、中国科学院などの研究チームが11日に発表した。精子をもとに作ったES細胞(胚性幹細胞)を改変して卵子に似せ、別の精子と合わせるなどして受精卵のような状態にしたという。すぐに人間に応用することは難しいが、生命倫理面で議論を呼びそうだ。論文が米科学誌「セル・ステムセル」に掲載される。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20181012-00050000-yom-sci

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

さすがC国。自国の大問題を遺伝子操作で解決にかかりました。長きにわたる一人っ子政策で、男性が3000万人も余剰の状態。ならば、男性同士で子供を作れないか?自然な疑問・研究課題です。これで、男性同士の結婚、妊娠、出産も視野に入れましたね。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:23 | comments(4) | - |-
<はやぶさ2>リュウグウの新画像公開 表面に無数の岩や石:・・The fee is ….・・

JUGEMテーマ:科学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星探査機「はやぶさ2」から小惑星リュウグウに投下された小型探査ロボット2台が撮影した新たな画像を公開した。表面は無数の岩や石に覆われ、ごつごつしている様子がはっきりと確認できる。(略)JAXAの吉光徹雄准教授は「2台ともがリュウグウの表面で動いたのは喜ばしい。日本の総合的な技術力で成功できた」と感謝した。はやぶさ2は小型ロボの観測したデータを分析し、来月下旬に予定している本体の着陸の運用計画に反映する。来月3日にはドイツとフランスの宇宙機関が開発した小型着陸機も投下する予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20180927-00000065-mai-sctch

 

 

 

         息を呑む画像

・・・・・・・・・・・・・・・

すばらしい!思わず快哉を叫びたくなります。これこそが日本の腕前ですよ。さてもう一つ注目したいのが、独と仏の小型着陸機の件。投下するのは来月3日。そりゃそうだ。まずは日本機器の投下が最優先。もう一つ知りたいのは、独と仏が自国の機器の運搬と投下のために、日本にどれだけ支払ったかです。ここがポイントですよ。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 08:09 | comments(2) | - |-