Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
時計
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 全国すべての小中高休校へ 首相表明、新型肺炎で3月2日から:・・とにかく人とくっつくな、話すな・・
    水瓶座 (02/29)
  • 女子高校生に「ハグさせてください」 見知らぬ男が声かけ 福岡市南区:・・ほのぼの福岡県・・
    水瓶座 (02/29)
  • 免許返納で公共施設無料 北九州市が65歳以上に特典カード配布へ:・・やはりオレは高齢者なのか・・
    水瓶座 (02/29)
  • 新型肺炎 首相、トイレットペーパー「十分在庫ある」:・・人間って本当に馬鹿・・
    ケロねーさん (02/29)
  • 全国すべての小中高休校へ 首相表明、新型肺炎で3月2日から:・・とにかく人とくっつくな、話すな・・
    黒鬼子 (02/28)
  • 女子高校生に「ハグさせてください」 見知らぬ男が声かけ 福岡市南区:・・ほのぼの福岡県・・
    黒鬼子 (02/28)
  • 免許返納で公共施設無料 北九州市が65歳以上に特典カード配布へ:・・やはりオレは高齢者なのか・・
    黒鬼子 (02/28)
  • 中国人の消えた京都に日本人が殺到!「観光」が最強の産業である理由:・・コロナよりメディア・・
    水瓶座 (02/28)
  • 金正恩氏「健康不安」で妹・金与正氏を後継者に指名か :・・女性の独裁者誕生か・・
    水瓶座 (02/28)
  • 「韓国の不買運動が安倍首相を中国にこだわらせた」韓国メディアが指摘:・・うぬぼれの極地・・
    水瓶座 (02/28)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に:・・神に挑戦?・・

JUGEMテーマ:社会の出来事

(略)蚊は、私たち人類にとって最も有害な害虫である。マラリアや黄熱、デング熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、チクングニア熱など(略)の蚊媒介感染症により年間およそ45万人が死亡している。(略)英バイオテクノロジー企業のオキシテックでは(略)媒介するネッタイシマカの遺伝子を組み換え、優性致死遺伝子を持つ雄の蚊「OX513A」を作出した。自然界のネッタイシマカの雌と「OX513A」との交尾により生まれてくる幼虫は、遺伝子操作によって生殖機能を持つ前に死亡するため、ネッタイシマカの遺伝子に影響を与えず、個体数を減少できるという。(略)研究論文によると、「OX513A」を自然界に放った後(略)個体数は一時的に減少したものの、18ヶ月後には個体数が回復し、「OX513A」の遺伝子を受け継いだ個体も確認されている。(略)

■ 成体になるまでに死亡するはずだったのだが......(略)

パウエル教授は「ネッタイシマカの雌が『OX513A』との交尾を避けるようになったためではないか」とみている。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=

20190919-00010009-newsweek-int

 

 

  人間ってホント愚かだなあ

・・・・・・・・・・

研究者は、まさか蚊が一夫一婦制と考えたのでしょうか。自然の成り立ちは人の知識・理解・想像を遙かに超えたレベルで成り立っています。遺伝子操作で何でもできる?そんな、神に立ち向かうような科学は決して成り立ちません。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 09:44 | comments(3) | - |-
実験室で培養の「ミニ脳」に神経活動、人の脳に類似 米研究:・・その脳は誰の脳?・・

JUGEMテーマ:科学

実験室で培養した脳から、人のものに似た電気的活動を初めて検出したとする研究論文が29日、発表された。この研究結果は、神経学的状態のモデル化、さらには人の大脳皮質(灰白質)の発達に関する根本的理解への道を開くものだという。豆粒大の「培養脳」に意識があるかどうかは、まだ明らかになっていない。今回の革新的進展をもたらした研究チームは、検出された電気的活動が早産児のものに似ていることから意識はないとの見方を示しているが、確かなことは言えないという。これはこの研究分野に新たな倫理的次元を開く問題だ。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190830-00000028-jij_afp-sctch

 

 

      ただの箱

・・・・・・・・・・・・・・・

わずかな数の神経細胞に電気活動が見られたからと、そこに意識があるかどうかの議論はナンセンス。意識には、膨大な量のニューロンのネットワークと、膨大な量の感覚情報が必要です。

 

それはともかく、私の大学での講義で学生の一人が質問しました。

 

「僕の細胞からiPS細胞を作り、脳に分化を誘導したら僕の脳が出来ますか?」

「いや、それは無理だよ。

   たとえ形が出来ても、入れ替えることが出来ない。

   神経同士はつなげないし、まず血流が流れていないしね」

「でも未来にはできるようになるかも」

「いや、無理だよ」

「なぜですか!?」

「君の細胞から出来た脳を、君の頭蓋骨に植えたとするよ」

「はい!」

「その脳の中に「君自身」がいるかね?」

「あ、・・・」

「そうだね。そのできたてのほやほやの脳には何も入っていない。

  パソコンでいえば、ハードもソフトも何も

  アプリが何も入っていないただの箱だよ。

  君は、今の君の頭の中の脳にしかいないんだ」

「わ、分かりました」

「よかったね」

posted by: 水瓶座 | 科学 | 08:39 | comments(2) | - |-
天文学者も数日前まで気付かず…… 直径約130メートルの小惑星が地球とニアミスしていた:・・静かに座して待て・・

JUGEMテーマ:科学

直径427フィート(約130メートル)の小惑星が7月25日、地球から4万5000マイル(約7万2000キロメートル)ほどの距離を通過した。小さいとはいえ、小惑星の衝突の威力は大量の核兵器にも匹敵し、いくつもの都市を破壊することになるだろう。アメリカ航空宇宙局(NASA)やその他の専門機関は、宇宙のこうした物体を見つけるツールを持っているが、地球に接近する全ての小惑星を追跡するのは難しい。中でも、今回の小惑星「2019 OK」には、天文学者たちは接近の数日前まで気付いていなかった。(略)約7万2000キロは"ニアミス"だ。この距離は地球と月の距離の5分の1以下なのだ。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190729-00000004-binsider-int

 

 

   ま、そういうこともあるさ

・・・・・・・・・・・・・・・

んー、別に気づかなくて構わないし、気づいても手段がなければ知らせなくて結構です。人は何もかもを知る必要はありません。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:06 | comments(2) | - |-
【コラム】韓国、「潜在的に危険な小惑星」を探し出す(2):・・その船は何でできているか・・

JUGEMテーマ:韓国ニュース

◆科学・経済的機会:小惑星は監視だけでなく探査対象でもある。探査の理由は2種類だ。一つは純粋な科学目的だ。太陽系初期の様子を解明するのが狙いだ。太陽系が誕生してしばらくして、小惑星が一つになって惑星ができた。逆に惑星になれなかった小惑星は太陽系初期の状態をとどめている。一種の「宇宙化石」といえよう。太陽系の歴史を再構成しようとする科学者が小惑星に夢中になっている理由だ。小惑星を探査するもう一つの理由は経済だ。小惑星にはレアアース(希土類)が相当量埋まっていると科学者はみている。(略)惑星を科学・経済的理由で探査するにおいては日本が最も先を進んでいる。(略)同じように、小惑星の直接探査もまた、必ず直接踏まなければならない高地だ。韓国政府は小惑星探査計画を昨年発表した。小惑星に行って帰ってくる宇宙船を2035年までに打ち上げるという内容だ。しかし不安だ。ともすると削られて後回しにされるのが科学技術の予算だからだ。果たして韓国は支障なく2035年に小惑星に宇宙船を着陸させることができるのだろうか。それでも日本から30年の遅れを取っている。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190709-00000033-cnippou-kr・

 

探査機はやぶさ2挑む46億年の壁、成功なら世界初

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190709-07090784-nksports-soci

 

 

 

        小ネジ一本たりとも

・・・・・・・・・・・・・・

まさしく、はやぶさ2が快挙を成し遂げたその日にこのニュースです。虚ろな感じが漂うばかりですが、私が言いたいのはただ一つ。その小惑星を探査する宇宙船に、何一つ日本製品は紛れ込まないでしょうね。まさかね。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 08:24 | comments(2) | - |-
人間の「第六感」 磁気を感じる能力発見 東大など:・・Pineal body・・

JUGEMテーマ:科学

地図なしで長い旅ができる渡り鳥のように、人間も地球の磁気を感じる能力を持っていることを発見したと、東京大と米カリフォルニア工科大などの共同研究チームが(略)発表した。(略)地球は北極がS極、南極がN極の巨大な磁石で、位置に応じて方向が異なる地磁気を帯びている。渡り鳥は地磁気を感じる能力をコンパスのように使って方位を正確に把握し、季節に合わせて移動している。人間の感覚は視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感だけで、磁気を感じる力はないとされていた。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190319-00000518-san-sctch

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

松果体の話ですね。鳥、特に渡り鳥は松果体にある地軸探知機能を基に、数千キロを迷うことなく飛ぶと言われます。また回遊魚や、産卵のために川に戻る魚も同様でしょうか。人間の松果体はかなり萎縮し、その機能は「あってもごく僅か」ですから、第六感と言っても実用性があるかどうか。ま、しっかり研究して下さい。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 12:48 | comments(2) | - |-
遠くを見れば過去がわかる。「すばる望遠鏡」が130億光年彼方の巨大ブラックホールを大量に発見:・・宇宙の大きさ・・

JUGEMテーマ:科学

愛媛大学の松岡良樹氏が率いる国際研究チームは、国立天文台ハワイ観測所の「すばる望遠鏡」における最新鋭の観測装置「超広視野主焦点カメラ(HSC)」を使った観測で、地球からおよそ130億光年離れた遠い宇宙に83個という大量の「巨大ブラックホール」を新たに発見しました。右の画像で拡大された正方形の範囲の中央、矢印が指し示す赤い点のような天体は、今回すばる望遠鏡が捉えたなかでも一番遠い、130.5億光年先にある巨大ブラックホールです。(略)光の性質を利用すると、今からおよそ138億年前に始まったとされる宇宙の過去の様子さえも知ることができます。100億年前の宇宙について知りたければ、100億光年先の天体を観測すればいいからです。(略)ビッグバンにほど近い初期の宇宙では、現在はあまり見られない「超巨大」なブラックホールしか見つかっていませんでした。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190314-00010004-sorae_jp-sctch

 

 

 

  138億年前のこれから全てが始まった

・・・・・・・・・・・・・・・

以前、クイズ番組で「宇宙の広さを計算せよ。ここで宇宙の年齢を138億才、光の速さを秒速30万kmとする」の問題がありました。なるほどねえ、ビッグバンの瞬間から宇宙は光の速さで膨張し続けている。だから宇宙は球形であり、その半径は30万×60秒×60分×24時間×365日×138億年。これで求められた半径を3乗してπを掛けたら出来上がり。ちょっと計算してみましょうか。ええっと・・・、1光年を使えば少しは楽かな。7.1×10の74乗km3ですね。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:40 | comments(5) | - |-
トヨタ、月面探査に参加へ JAXAと共同:・・レクサス・・

JUGEMテーマ:社会の出来事

トヨタ自動車が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと共同で月面探査に乗り出すことが6日、分かった。調査に使う乗り物の開発などで協力するとみられる。自動車の開発や生産で培った技術力を生かす。12日に発表する。(略)JAXAは2月、探査機はやぶさ2を小惑星りゅうぐうに着陸させることに成功した。月へも実証機を送ることを目指しており、狙った場所への正確な着陸を試す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190306-00000084-kyodonews-soci

 

 

 

     自動運転 追突防止機能付きで

・・・・・・・・・・・・・・・

三菱がジェット機産業に参入。ならばトヨタは月へ。楽しい話題です。私が生きている間に、月面にレクサスを走らせて欲しい。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:46 | comments(0) | - |-
はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声:・・朗報・・

JUGEMテーマ:科学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、「小惑星探査機『はやぶさ2』が、地球と火星の間にある小惑星『リュウグウ』への着陸に成功したと判断した」と発表した。同日午前8時前、相模原市中央区のJAXA宇宙科学研究所の管制室に集まったメンバーに拍手と笑顔が広がった。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190222-00000012-mai-sctch

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

すばらしい朗報です。日本の宇宙技術力が証明されました。まあ地球に帰還してナンボですが、まずは一安心。まあ例の劣等感塗(まみ)れの国からは、また羨望とやっかみのコメントが送られてくることでしょう。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 12:42 | comments(0) | - |-
北磁極の移動加速、1年に55キロ 「世界磁気モデル」 1年前倒しで更新:・・こりゃ大変だ・・

JUGEMテーマ:科学

地球の北磁極の位置が従来をはるかに上回る速度で移動しているため、スマートフォンなどのナビゲーションシステムなどで利用されている世界磁気モデル(World Magnetic Model)は今週、予定を1年前倒しして更新された。北磁極とは、地球の磁力線が垂直に落ちる地点のこと。(略)北磁極は1831年、カナダ北部で発見された。研究者らによると、北磁極は長らくカナダを小刻みに動き、ほとんど移動しなかったが、今では1年に55キロ移動しているという。地球の磁場は主に、地下3000キロメートルにある地球の外核を構成する液体の鉄の運動によって発生している。この運動は地磁気逆転を引き起こすものだが、最近、北磁極の移動が加速している原因は謎に包まれている。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20190206-00000026-jij_afp-sctch

 

 

 

   なんか、うろうろしてるなあ

・・・・・・・・・・・・・・・

ほほー、これは由々しきことです。磁極が年間55km移動するとは驚き。地核の移動・変動が激しくなっているのでしょう。数百年後には小学校で磁石を学ぶ時、N(north)極とS(south)極とは呼ばなくなっているかも。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 12:11 | comments(0) | - |-
iPS細胞研究所「ストック事業」外部移管を検討 「大量生産して供給」体制強化へ:・・ちょっと腎臓を作ってくれや・・

京都大学はiPS細胞を大量生産して医療や研究に役立てる「ストック事業」について、外部組織への移管を検討していることを明らかにしました。京都大学iPS細胞研究所の「ストック事業」は安全性を確認したiPS細胞を大量生産して備蓄し、研究機関などに提供するもので、再生医療へのスムーズな応用を目的に山中伸弥所長らが力を入れてきました。ただ、大学で行われる基礎研究や教育とは異なる設備や人材が必要で、京都大学は安定的に提供する体制を作るため、この事業を研究所から公益財団法人などの外部組織に移管することを検討しているということです。(略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00025771-mbsnewsv-sctch

 

 

 

      誰が支払うんだ?

・・・・・・・・・・・・・・・

まあ何にしろ結構なことですが、iPS細胞医学・医療ではまだ議論されていない大問題があります。それは医療費です。自分の細胞からiPS細胞を作り、自分の臓器を作るのは勝手ですが、それはやはり自由診療=自費であるべきでしょう。しかしiPS細胞バンク構想が実り、様々なパターンのiPS細胞が公的組織から配給されるならば、それは健康保険から支払われることになります。心臓1個2000万円、腎臓1個1000万円などの高額な医療費を誰が支払うのか。自分は働けない、あるいは健康保険費用医を納めることもできない膨大な数の高齢者達が「ちょっと心臓を作ってくれ」とするとき、医療費は破綻するでしょう。若い人達が汗水垂らして働いた給料から、iPS医療のためにどれだけがさっ引かれるか。ま、労働意欲も、個人の財産も幸せも吹き飛ぶはずです。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 16:44 | comments(3) | - |-